AirPods Proに異音が発生する問題。修理プログラムが提供開始

AirPods Proで異音を聞いたことがある人は、Appleの新しい修理プログラムを利用して修理した方がいいかもしれない。Appleは10月31日、「AirPods Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム」 の提供を開始したことを発表した。

AirPods Proで異音がする問題に対する修理サービスプログラムが配信開始

この修理プログラムは、AirPods Proで音に関する問題が起きていることが明らかになったことを受けて実施されるリコールプログラム。AirPods Proから異音(パチパチという音)がして、周囲の騒音が大きい時や運動時、もしくは通話中にそれが大きくなる現象、アクティブノイズキャンセリングが正常に機能しないなどの問題が発生している場合、修理の対象になる。

修理は無料で行われ、当該問題が起きているAirPods Pro(左右のいずれか、または両方)を無償で交換修理を行う。

ごく一部の AirPods Pro に音の問題が起きる可能性があることが判明しました。この問題が確認されているのは、2020 年 10 月より前に製造された AirPods Pro です。

対象となる AirPods Pro には以下の症状 (いずれかまたは両方) が見られることがあります。

  • AirPods Pro から異音 (「パチパチ」という音など) がして、周囲の騒音が大きい時、運動中、または通話中にそれが大きくなる。
  • アクティブノイズキャンセリングが正常に機能しない。たとえば、低音が欠落したり、背景音 (街頭や飛行機の騒音等) が大きくなるなど。

Apple や Apple 正規サービスプロバイダでは、対象となる AirPods Pro (左右のいずれか、または両方) の無償修理サービスを実施いたします。

対象となるのは2020年10月より前に製造されたAirPods Proで、実際に修理プログラムの適用対象かどうかは、Appleにて実機検査を行うなどの検証をするとのことだ。ちなみにバッテリーケースは異音とは関係ないため修理プログラムの対象外となる。

プログラムはAirPods Proの最初の小売り販売日から2年間適用となり、通常の製品保証期間を延長するものではないのでご注意いただきたい。

修理サービスの手続きは以下から可能だ。

関連記事
「AirPods Pro」 「AirPods」 比較|どっちが買い?ノイズキャンセリング機能や防水仕様、価格など比べてみた
AirPods Pro レビュー | 買い替えも検討するべき!プロの名に恥じぬノイズキャンセリング機能

Apple公式サイトでAirPodsやワイヤレス充電対応ケースをチェック!
▶︎ AirPods Pro
▶︎ AirPods + ワイヤレス充電対応ケース
▶︎ AirPods + 通常充電ケース
▶︎ ワイヤレス充電対応ケース(単体)
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。