AirPods Pro (第2世代) のストラップループにはU1チップの電波を増強する効果があるかも

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

今月23日に発売したAirPods Pro (第2世代) は、AirPodsシリーズではじめてバッテリーケースにストラップループが搭載された。

このストラップループが搭載されたおかげで、AirPods Proをストラップでカバンに括り付けたり、好きなキーホルダーをつけて紛失を防止できるようになったわけだが、このストラップループは 「探す」 機能の精度を上げるための工夫だったのかもしれない。

産業用のX線CTプラットフォームを提供するLumafieldが、AirPods Pro(第2世代)をCTスキャンしてみたところ、このストラップループがロジックボードに接続されているLightningコネクタと内部的に繋がっていることが判明したとのこと。

この構造が、U1チップの電波を飛ばすためのアンテナとして役立っている可能性があるとし、「探す」 機能の検出精度をより高めるための部品を兼ねている可能性があると伝えている。

これが事実なのかどうかは不明だが、U1チップによるAirPods Pro (第2世代) の検出精度はとても高く、紛失した際にもしっかりと見つけられるように作られていることが筆者の検証でも明らかになっている。ストラップホールが突然搭載されるようになったのも、こういった理由があったのかもしれない。

(via MacRumors)

関連記事
AirPods Pro レビュー | 買い替えも検討するべき!プロの名に恥じぬノイズキャンセリングと音質
「AirPods Pro|AirPods」 比較。どっちが買い?ノイズキャンセリング機能や防水仕様、価格など比べてみた

Apple公式サイトでAirPodsシリーズを購入する
▶︎ AirPods Pro (第2世代) ▶︎ AirPods (第3世代)
▶︎ AirPods (第2世代) ▶︎ AirPods Max

(画像:Lumafield)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。