「AirPods Studio」 発売は10月末もしくは11月か。来週の新製品発表イベントで発表されない可能性も

来週の新製品発表イベントで、Appleは独自に開発したオーバーイヤー型ヘッドホン 「AirPods Studio」 を発表すると予想されているが、同製品の発売は早くて10月末で、遅い場合だと11月になってしまう可能性があることがわかった。

現地時間7日、著名リーカーJon Prosser(@jon_prosser)氏が自らの持つ情報として伝えた。

AirPods Studioの発売は早くて10月末か

同リーカーによると、Appleは 「AirPods Studio」 の初期量産を10月20日まで完了しないという。そのため発売は少なくとも同日以降、遅い場合は11月に食い込む可能性があるという。

さらにJon Prosser氏は、「AirPods Studio」 が発表されるタイミングについて、来週の新製品発表イベント 「Hi, Speed.」 ではなく、そのほかのタイミングになる可能性にも言及している。

来週の発表イベントで発表されるのか、それともプレスリリースという形で発表されるのか、11月に開催される3回目の新製品発表イベントで披露されるのかなど、同氏としても現時点で発表がいつになるのかは確信できていないようで、「(Appleが) どのルートを辿るのかはわからない」 ともコメントしている。

「AirPods Studio」 は、Appleが開発する純正のオーバーイヤーヘッドホン。AirPodsシリーズではじめてのヘッドホンタイプの製品となっており、ノイズキャンセリング機能をはじめ多くの機能が搭載されたハイエンドモデルになることが予想されている。

米メディアBloombergが今年4月に伝えた情報によると、「AirPods Studio」 には2種類のモデルが用意される予定。フィットネス向けを意識した意識し通気性のある素材を使用したスポーツモデルと、レザーを使用し高級感を出すプレミアムモデルのふたつだ。

BloombergのMark Gurman氏曰く、ヘッドバンドとイヤーカップは細い金属フレームで繋がれており、イヤーカップはやや楕円に近く回転できる仕様であるとのこと。

さらにAirPods Studioはイヤーカップをユーザーが自由に買えられるモジュール設計となっているため、AppleがApple Watchのバンドのように複数のイヤーカップをラインナップする可能性がある。

ちなみにAppleはApple公式サイトにおいてサードパーティ製ヘッドホンの販売を終了したことが判明している。おそらくこれはAppleが独自のヘッドホンを投入する予兆だろう。発表がいつになるのかは不透明だが、少なくとも発売は近いものとみられる。

関連記事
AirPods Studioの初期出荷分の生産が今月終了とリーカー伝える。発売はまもなくか
Apple、サードパーティ製ヘッドホン・スピーカーの販売終了。AirPods StudioやHomePod miniの投入のためか

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。