「AirPower」はやはり3月に発売か 最大出力は29W、DigiTimesが報じる

昨年9月に発表された、Appleの純正ワイヤレス充電器「AirPower」は、やはり今年3月に発売予定のようだ。

台湾メディアDigiTimesによると、「AirPower」の電流管理には台湾メーカーが製造するGPPブリッジ整流器が使われる予定なのだが、この部品の出荷数が徐々に増加しているとのこと。さらに、2018年第2四半期にはさらに増加する見通しであることから、「AirPower」の発売が近いことが伺えるとのこと。

「AirPower」の部品の出荷数が増加、まもなく発売か

あくまで部品出荷数から予測したものではあるが、著名アナリストからの報告でも「AirPower」が2018年3月に発売する説が濃厚とされていたことから、今回の情報はかなり信ぴょう性が高いものだと言える。

Appleはこれまで3月に新製品を投入したことが何度もあるため、おそらく今年も3月に新製品を投入するだろう。「AirPower」はこれと同時に発売する可能性がとても高い。

「AirPower」については、販売価格や詳しい仕様など、まだ明らかにされていないことも多いが、現段階では、iPhoneやApple Watchなど対応したデバイスを同時に3台、ワイヤレス充電することができることがわかっている。また、「AirPods」はワイヤレス充電に対応することも発表されており、Apple製品は徐々にワイヤレス充電環境が充実していくだろう。

ちなみに、「AirPower」の最大出力は29Wになる見通し。「iPhone X」や「iPhone 8 / 8 Plus」が最大7.5Wの高速充電に対応しているが、この出力だと送電ロスなどを加味しても、まだまだ余力がありそうだ。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。