発売が延期しているAirPower、いよいよ発売か 技術的問題が解決との情報

発売が延期しているAppleのワイヤレス充電器 「AirPower」、ようやく発売にこぎつけるかもしれない。

開発者Steve Troughton-Smith氏が自ら入手した情報から、「Appleはついに(AirPowerに発生していた)技術的問題を解決することができ、この情報が正しければ、Appleが好きなタイミングでいつでも発売できる」 状態である、と伝えている。

技術的問題が解決したことにより、AirPowerがいよいよ発売か

AirPowerは、Appleが自ら開発している純正ワイヤレス充電器。3台のApple製品を同時に充電できる仕様になっており、iPhoneとApple Watch、AirPodsをまとめて充電することができる。存在は2016年にアナウンスされていたが、発熱やコイル同士の干渉など複数の問題が発生しており、発売が延期されていた。もし、Steve Troughton-Smith氏の言う通り問題が解決できたのであれば、近いうちに発売することが可能になるものと予想される。

Appleは、新型iPhoneに対応したSmart Battery Caseや、ワイヤレス充電に対応したAirPodsを発売することも予想されている。すでにSmart Battery CaseはwatchOSのベータ版から画像が見つかっており、開発していることは事実のようだ。また、AirPodsをワイヤレス充電に対応させるためのバッテリーケースに関しては、すでに発売が正式にアナウンスされている。

巷では、2018年3月にAppleが新製品発表イベントを開催するとの予測があるため、これらの新製品は遅くても3月のイベントには発売することになるだろう。

ちなみに、3月の発表イベントでは新型iPad miniが発表される可能性が指摘されている。ただし、iPad miniのみの発表だけでは寂しいため、他にも新製品を用意している可能性がある。それがAirPowerやワイヤレス充電に対応したAirPodsになるのかは現段階では分かっていない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。