AirTagは大小2つのモデルが存在か。登場はまもなくとの情報

Appleが独自に開発した紛失防止タグ 「AirTag」 の登場はやはりまもなくであることがわかった。現地時間20日、著名リーカーのひとり有没有搞措 (@L0vetodream) 氏は、AirTagに関する情報を自身のTwitterアカウントで投稿した。

AirTagは大小2つのモデルが用意?

同リーカーの情報によれば、AirTagの登場はまもなく(=Coming soon)であるとのこと。 そしてAirTagは大小2つのモデルが用意されていることを伝えた。これまでひとつのサイズしかないと考えられてきたAirTagだが、複数のサイズ展開が言及されたのは今回がはじめて。

複数のサイズが用意されている理由ははっきりしないが、財布やカバンなど入れるものによってサイズが選べるようになっているのかもしれない。

AirTagとは、Appleが独自で開発した紛失防止タグで、財布やカバンなど大事なものにくくりつけておくことで紛失や盗難を防止できる便利アイテム。

音を鳴らしてアイテムの位置を見つけることができるほか、iPhoneのARカメラを使った目視によるアイテムの位置を探す機能も用意されると言われている。また、紛失したとしてもAirTagの通信範囲に出入りすると自動でiPhoneに通知が届くなどの仕組みも用意されているようだ。

本体はコイン電池が内蔵されていて、それによって駆動する仕組みになっているとみられており、バッテリーが切れたらユーザーの手で適宜交換できると予想されている。

ちなみにAirTagの登場時期については様々な情報があるものの、現時点では著名リーカーJon Prosser氏が 「iOS 14.3」 のリリースと同時である可能性を伝えている。同リーカー曰く、「iOS 14.3」 は11月にリリースされる予定であることから、AirTagは11月に発売する可能性があるということ。もしこれらの情報が事実であれば大小2つのサイズで展開されるAirTagを手にできる日はまもなく訪れるのではないだろうか。

関連記事
AirTagの発売は11月?iOS 14.3の配信とともに登場かーーJon Prosser氏が自身の過去の発言を翻す

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。