AirTag、プライバシー保護機能の改善アップデートを配信。離れると24時間以内にサウンド再生

現地時間6月3日、AppleはAirTagのプライバシー保護機能を改善するファームウェアアップデートの配信を開始した。

アップデートは手動ではできず、AirTagがiPhoneの近くにある場合に自動で適用される。アップデートが適用されたかどうかは、「探す」 アプリで各AirTagの名前をタップしてバージョンが 「1.0.276」 になっているかどうかで確認できる。

所有者から離れたときのサウンド再生が8時間〜24時間で発生

CNETによると、今回のアップデートでは、AirTagが所有者から離れたときのサウンド再生が8時間〜24時間のランダムなタイミングで起こるようになったという。

当初は所有者から3日間は離れていなければサウンドが鳴らない仕組みで、他人のAirTagによってストーキングされているのを発見するのに時間がかかることから、プライバシー保護機能としては不十分だとユーザーから指摘されていた。

さらにAppleは、Androidユーザーでも他人のAirTagや 「探す」 ネットワーク対応デバイスでストーキングされていることを検出できるよう、Android向けアプリも開発中であるとのこと。同アプリは今年後半にリリース予定であるとのことだ。

同アップデートは本日から配信が開始されており、AirTagがiPhoneの近くにある場合に自動で適用される。バージョンは 「1.0.276」 だ。

追記 (2021/06/24)

Appleが上記アップデートの改訂版の配信を開始したことが判明した (via MacRumors) 。バージョン自体は 「1.0.276」 のままで変わらないものの、ビルドナンバーが 「1A276d」 から 「1A287b」 に変更されているという。

アップデートの詳細は不明だが、何らかの小さな変更があったものと考えられる。

関連記事
AirTag レビュー | Appleの失せ物サルベージ技術でモノ探しの時間を短縮。グッド&バッドな点を検証

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。