AirTag、不要な追跡のアラート音を調整。最新ファームウェアアップデート適用で

現地時間4月28日、Appleは持ち物トラッカー 「AirTag」 の最新ファームウェアアップデート 「1.0.301」 のアップデート内容について、公式サポートページで案内した。

更新されたサポートページによると、最新ファームウェアアップデート 「1.0.301」 では、AirTagのアラート音を調整し、所有者不明のAirTagの場所を従来よりも簡単に特定できるようにするという。同アップデートにより、AirTagによる悪意のあるストーキング行為を未然に防ぎやすくなったと言えるだろう。

ちなみに、サポートページで公開された今回のアップデート内容はバージョン 「1.0.301」 のものであるとのことだが、Appleが直近(現地時間4月26日)で配信した最新ファームウェアアップデートのバージョンは 「1.0.391」 、その前のバージョンは 「1.0.291」 だったことから、「1.0.301」 の変更内容は今回のアップデート 「1.0.391」 に含まれているものと考えられる。

AirTagのファームウェアアップデートは手動ではできず、AirTagがiPhoneの近くにある場合に自動で適用される。アップデートが適用されたかどうかは、「探す」 アプリで各AirTagの名前をタップしてバージョンが最新のものになっているかどうかで確認できる。

関連記事
AirTag レビュー | Appleのサルベージ技術で探しモノの時間を短縮。良い点・悪い点を検証
AirTagにストーキング抑止機能が追加で実装へ。不明なAirTagの正確な位置を探せるように

▶︎ AirTagの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。