米国Amazon、Alexaに男性ボイスを追加。日本ではまだ利用できず

現地時間7月21日、米Amazonは 「Alexa」 に男性ボイスを追加していたことが判明した。

また同時に、新たなウェイクワードとして 「Ziggy」 が追加されていることも判明。「Ziggy、XXXXをして。」 と声をかけることで音声アシスタントを起動できるように。

Amazon Alexaに男性ボイスが追加

Amazon Alexaは、Amazonのスマートスピーカー 「Amazon Echo」 などに搭載されている人工音声アシスタント。これまで女性ボイスのみが提供されており、男性ボイスが追加されたのは今回が初めて。

新たなボイスは、各Echoデバイスごとに設定することが可能だという。また、Alexa、Computer、Echo、Amazonにつづく新たなウェイクワードとして 「Ziggy」 が追加されている。

音声アシスタントは、Alexaの他にもGoogleアシスタントやSiriなどが有名だが、いずれも当初は女性ボイスのみが提供されており、一部では性差別であると指摘された。そうした声を受けてGoogleやAppleは男性ボイスを各音声アシスタントに追加している。

Amazonはこれらの会社に遅れをとっていた形となるが、このたび男性ボイスを追加することになった。追加された男性ボイスは、こちらから聞くことができる。

なお、この新しい男性ボイスは、現時点では米国でのみ利用することが可能。残念ながらまだ日本では利用できないが、近いうちに日本でも利用できるようになるとみられる。その時を楽しみに待とう。

(via The Verge)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。