米Microsoft、すべての直営店を閉店。ニューヨーク・ロンドンの一部店舗は修理サービス拠点に

現地時間6月26日、米Microsoftは同社が展開する直営店 「Microsoft Store」 を閉鎖することを発表した。対象となる店舗は世界で展開されているすべてのMicrosoft Storeで、一部店舗は修理などのサポートを提供する拠点として作り替えられる。

「Microsoft Store」 全店舗が閉鎖へ

「Microsoft Store」 はMicrosoftが運営する直営店。Microsoftの製品を購入できたほか、各種サポートを受けることもできた。店舗は米国をはじめ、イギリス、オーストラリア、カナダなど複数国で合計83店舗が展開されてきた。

直営店の閉店はMicrosoftの戦略見直しによるもの。Microsoftのビジネス主軸がクラウドサービスにシフトするなか、もとよりMicrosoft Storeを訪れる人も少なかった直営店で直接ユーザーに製品を提供する必要性が薄れていた。

さらに昨今のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で店舗の休業が余儀なくされたことも大きい。Microsoftは 「Microsoft Store」 を3月下旬から閉鎖していたが、米国の一部地域で感染者の再拡大が起きていることもあり、店舗運営に今後の不透明さもあった。

「Microsoft Store」 で働いていた従業員は、Microsoftのオフィスに移る予定で、オンラインで購入・修理に関する顧客サポートを行う予定。

また、基本的にすべての直営店が営業を終了することになるがニューヨークやロンドン、シドニーなどにある一部店舗については、修理など各種サポートを提供する拠点になるとしている。

[ img via Microsoft ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。