Amazonのプライム会員、世界全体で1億人を突破、CEOジェフ・ベゾス氏が明かす

Amazonの有料サービス「Amazonプライム」に加入しているユーザーは、世界で1億人を超えたことがわかった。AmazonのCEOジェフ・ベゾス氏が株主に当てた書簡で明かしている。

ベゾスCEOの発表によると、Amazonプライムのサービス開始からわずか13年で、加入者は1億人を突破したとのこと。現在の世界全体の人口は約76億人と言われているため、76人に1人が同サービスに加入していることになる。

Amazonプライムの加入者は全世界に1億人

プライム会員の総数が明かされたのは今回が初めてのことだ。Amazonの顧客数は世界で3億人以上いるとされていることから、そのうちの約3分の1のユーザーがプライム会員であることになる。

プライム会員数は2017年が最も増加率が高かったとのこと。Amazonプライムの提供地域をメキシコやシンガポールにも広げたことが要因だ。

「Amazonプライム」には、1億人ものユーザーを惹きつける魅力がある。プライム会員に加入する理由として、即日配送サービスや動画配信サービス「Amazon プライムビデオ」があり、最近ではプライムビデオのコストパフォーマンスの高さが魅力であるとされている。

特に独自コンテンツが豊富に用意されていることに加えて、オフライン再生もできるため、飛行機内など長時間ネット接続ができない環境でも利用できるのが大きなメリットだ。

また、会費の安さにも定評がある。米国では99ドル(約1万7000円)で提供されている同サービスだが、日本ではたったの3,900円で利用することができる。月額にすると300円強。これで数々のサービスを受けられるのはとてもお得だ。

Amazon プライム」は月額プラン(400円/月、学生200円/月)も提供が開始されており、ユーザーは望む期間だけプライム会員になることもできるようになった。まだ加入したことのない方にはお試し期間も設けられているため、気になっていた方は加入してみてはどうだろうか。

[ via Bloomberg / img via The National Museum of American History ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。