Amazon、メッシュWi-Fiルーターのeeroを買収 スマートホーム環境の改善を実現へ

現地時間2月11日、AmazonはメッシュWi-Fiルーターを手がける米企業eeroを買収することに同社と合意に至ったことを発表した。

Amazonがeeroを買収

今回買収されたeeroは、2014年に米サンフランシスコに拠点を置くIT企業。メッシュ状にネットワークを構築できるWi-Fiルーター 「eero」 などを販売している。

Amazonが同企業の買収に至った理由は、顧客がスマートホームデバイスにより繋ぎやすくするため。Amazonはスマートスピーカー 「Amazon Echo」 を販売しているが、同製品は各種スマートホーム製品との連携が可能だ。これらの連携にはネットワーク環境が必要で、eeroの製品はこれらのスマートホーム家電との連携をより簡単なものにしている。

また、eeroのルーターはメッシュWi-Fiを提供しているため、家の広い範囲をネットワークでカバーできる。これらのおかげでeeroの製品は、Amazonで星4.5 (最大5.0) の高い評価を受けることができている。

Amazonはeero製品をEchoデバイスと組み合わせて販売したり、さらにネットワーク機能やスマートホーム連携を強めたりと、独自のプラットフォームをより魅力的にアピールするためeero製品を活用していくものと考えられる。ちなみに、今回の買収にかかる費用は公表されていない。

[ img via eero ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。