Amazon、壁掛けスマートディスプレイ 「Echo Show 15」 発表。各ユーザーにあわせたコンテンツを自動表示

現地時間9月28日、米Amazonは新製品 「Echo Show 15」 を発表した。価格は249.99ドル、2021年末に海外で発売予定だ。

本製品は国内でも発売予定で、価格は29,980円(税込)。現時点では投入時期は未定だが、販売・予約注文開始時にEメールで通知を受け取ることができるとのこと。登録はこちらのリンクから。

大型スマートディスプレイ 「Echo Show 15」 発表

「Echo Show 15」 は、Amazon Echoデバイスの中で、画面を搭載したスマートディスプレイのラインナップの新製品。

これまでは机などに置いて使用する据え置きタイプが基本だったが、「Echo Show 15」 は初の壁掛けタイプ。Amazonが販売してきたスマートディスプレイの中でも最も大きな15.6インチ(フルHD)の画面を搭載した製品となっている。

「Echo Show 15」 は、家族でカレンダーやリマインダーなどを共有するダッシュボードとして使用することを想定した製品で、新たに導入されるAlexaウィジェットで、家族全員の予定が入った共有カレンダーや、付箋、お気に入りのスマートフォーム家電などを表示、操作することが可能。

また、ピクチャー・イン・ピクチャーにも対応しており、音楽を聴きながら、あるいは映像を見ながら料理のレシピをみたりも可能。そのほかにも、ニュースを見たり、Prime VideoやNetflixを視聴することもできる。

「Echo Show 15」 には、Amazon AZ2 Neural Edgeプロセッサーを搭載している。AZ2はクアッドコアのスケーラブルなアーキテクチャで、前世代に比べて22倍のTOPS (1秒間に数兆回の演算) が可能。AZ1と同様、デバイス上で音声認識の処理が可能で、コンピュータビジョン (CV) のワークロードも並行して処理することができる。

据え置き機としても使用可能

同プロセッサの導入によって、「Echo Show 15」 はビジュアルID機能を利用することが可能。このビジュアルIDとは、個々のユーザーの顔を認識する機能。Echo Showの内蔵カメラに映った人に関連した、パーソナルなカレンダーやメモ、最近再生した音楽など、最適なコンテンツを画面に表示することができる。

ビジュアルIDはプライバシーに配慮し、各デバイスへの登録が必要となる。ユーザーの顔を認識するために使用した画像の処理はデバイス上で行われ、ビジュアルIDのデータはいつでも削除することが可能だという。

また、2022年に導入される機能としてカスタムサウンドの認識機能が搭載予定。例えばキッチンの冷蔵庫が開いたままになっていることを知らせるアラート音をAlexaに登録しておけば、その音が鳴ったときに冷蔵庫を閉めるように促させることができるとのこと。来年配信されるファームウェアアップデートで実装される。

縦向きの壁掛けも可能

「Echo Show 15」 の価格は249.99ドル、2021年末に海外で発売予定だ。

国内販売価格は29,980円(税込)で、現時点では投入時期は未定だが、販売・予約注文開始時にEメールで通知を受け取ることができるとのこと。登録はこちらのリンクから。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。