Amazon、偽造品撲滅チームを立ち上げ 元検察官や捜査官などで構成。不正者に対し刑事責任追及も

現地時間6月24日、米Amazonは偽造品を出品・販売する業者に対して法的責任を追及する専門部署 「偽造品犯罪対策チーム」 を立ち上げたことを発表した。

この 「偽造品犯罪対策チーム」 は元連邦検察官、捜査官、データアナリストで構成されたグローバルな人材が集まったチーム。不正行為者がAmazonのシステムを巧妙に逃れ、 Amazonの規約に違反し偽造品を出品した事案を調査し、見つけた偽造品犯罪者に対して法的責任を追及する。

また、同チームを立ち上げることで偽造品の出品を未然に防ぐ狙いもある。Amazonが実施している包括的な偽造品防止プログラムによってすべてのAmazonの商品ページのうち、すでに99.9%以上のページで偽造品の侵害申告がないことを達成している。Amazonは2019年に5億ドル以上を投資し、8,000人以上のスタッフが偽造品を含む不正行為の阻止に取り組んできた。この取り組みによって、2019年には不正の疑いがある60億件以上の出品商品が削除。250万件以上の不正なアカウントが商品を出品する前に閉鎖されたという。 

amazon

しかし、これらのチェックだけでは偽造品を完全に撲滅することはできていないようだ。そこで今回立ち上げた 「偽造品犯罪対策チーム」 の力を借りて、偽造品撲滅を広範囲で推進していく狙いだという。

偽造品犯罪対策チームはAmazonのデータをマイニングし、決済サービスプロバイダーやオープンソースインテリジェンスなどの外部リソースから情報を収集、現場のリソースを活用して不正行為者を特定する。また、偽造品犯罪対策チームによって、不正行為者に対して民事訴訟をより効果的に提訴し、ブランドオーナーと協力して、共同または独立した調査を行い、不正行為者に対して刑事責任を追及すべく世界中の法執行機関を支援することが可能になる。

Amazonは全米知的財産権調整センター、欧州刑事警察機構、中国の関連執行当局など世界各国と積極的に協力し、5月にはカナダ、中国、ドミニカ共和国、ドイツ、インド、イタリア、日本、韓国、スペイン、アラブ首長国連邦、英国、米国の偽造品犯罪者を特定し、各国の関係当局に照会したとしている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。