Amazon初売りでApple・Beats製品がお買い得。最新iPad Proは8%オフ、Appleの初売りよりお得に買える場合も

本日1月2日から開催されているAmazonの初売りセールで、AppleとBeatsの製品が安く販売されている。

セールの対象になっているのは、iPad ProとiPad mini (第5世代)、MacBook Pro (Intelプロセッサ搭載モデル)。Beats製品からはBeats Studio 3 Wireless、Betas Solo Pro、Beats Solo3 Wirelessなどのヘッドホン。BeatsX、urBeats3などイヤホンが対象だ。

iPad Pro (11インチ, 第2世代)
128GB:93,280円 → 85,818円 (8%オフ)
256GB:105,380円 → 96,950円 (8%オフ)
512GB:129,580円 → 119,214円 (8%オフ)
1TB:153,780円 → 141,478円 (8%オフ)

iPad Pro (12.9インチ, 第4世代)
256GB:127,380円 → 117,190円 (8%オフ)
1TB:175,780円 → 161,718円 (8%オフ)

iPad mini (Wi-Fi, 第5世代)
64GB:50,380円 → 46,340円 (8%オフ)
256GB:69,080円 → 63,544円 (8%オフ)

MacBook Pro (Intel, 13インチ, 一世代前のモデル)
127,900円 → 119,000円 (7%オフ)

Beats Studio3 Wireless ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
38,280円 → 27,489円 (28%オフ)

Beats Solo Pro Wireless ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
32,780円 → 23,100円 (30%オフ)

Beats Solo3 Wireless ワイヤレスヘッドホン
17,980円 → 14,784円 (18%オフ)

BeatsX ワイヤレスイヤホン
10,780円 → 5,240円 (51%オフ)

urBeats3 カナル型イヤホン Lightningコネクタ
5,436円 → 4,200円 (23%オフ)

注目は、最新のiPad Proがお得に購入できることだろう。

iPad Proは通常販売価格から8%オフで購入することができ、例えば11インチの128GBモデルなら93,280円→85,818円で販売されている。また、1TBモデルについては153,780円→141,478円で購入可能。1TBモデルについては、本日より開催されているAppleの初売りよりも安い価格となる。12.9インチモデルはセール対象が256GBモデルと1TBモデルのみとなっているが、1TBモデルは11インチと同じくAppleの初売りよりも安く購入できることになる。

ちなみにAppleの初売りではiPad Proを購入すると12,000円のApple Storeギフトカードをもらえるが、Amazonでは直接の値引きになるため、金銭的負担が少ないのはAmazonの初売りとなるだろう。

上記セールは1月5日(火)23時59分まで。ただし人気モデルの場合は売り切れもあり得るため、もし確実にゲットしたいようであれば、ぜひお早めの購入がオススメだ。

対象製品の一覧はこちらのリンクから確認可能だ。

Amazonの初売りは1月5日まで。最大5,000ポイント還元のポイントアップキャンペーンでお得に買い物を

Amazonの初売りセールでは、特選タイムセールや数量限定タイムセールで数十万点以上の商品がお買い得価格で販売されるほか、初売りならではの商品として、各ブランドの商品がセットになった 「福袋」 が多数登場している。

また、期間中に10,000円(税込)以上の買い物をすることで最大5,000ポイントが還元される 「ポイントアップキャンペーン」 も同時に実施される。これらのキャンペーンやセールを駆使して、年始のお買い物をお得にしよう。同キャンペーンを利用するにはエントリーが必要になるため、まずはこちらのリンクからエントリーを。

セールは2021年1月2日(土)9時から1月5日(火)23時59分までの約3日間にわたって開催される。各セールの詳細やキャンペーンの情報はぜひ以下の記事を参考にしていただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。