Amazon、クラウドゲームサービス 「Luna」 発表。まずは北米から招待制でサービス開始

現地時間9月24日、Amazonはメディア向けに新製品発表イベントを開催。その中で、クラウドゲームサービス 「Luna」 を発表した。

Amazonがクラウドゲームサービス 「Luna」 を発表

「Luna」 は定額制のクラウドゲームサービス。クラウドゲームサービスの特徴は、ゲームの処理をAWS (Amazon Web Service) を利用して行うため、ユーザーが高性能なPCやコンソールを別途必要としない。スマートフォン上でゲームをプレイできるため潜在的にはほぼすべてのカスタマーが高グラフィックゲームをプレイすることができる。Microsoftの 「Project xCloud」 やGoogleの 「Stadia」 といったサービスが直接的なライバル関係になる。

「Luna」 はまずは北米において、招待制によるアーリーアクセスという形で提供される。対応プラットフォームはPC/Mac、iPhone・iPadのSafari、そしてFire TVデバイス。このうちPC/Mac、Fire TVデバイスについては専用アプリが提供される予定だ。

映像は1080p/60fpsで提供されるが、今後は4Kにも対応予定。快適なゲームストリーミングのためには10Mbps、4Kの場合は35Mbpsでの通信が必要になる。

アーリーアクセスに参加するユーザーは、Luna+メンバーシップ(月額5.99ドル)に加入することになる。同メンバーシップに加入することで、ライブラリにあるゲームを時間制限なしで遊ぶことが可能だ。同時接続できるデバイスは2台までとなっている。

コントローラーはAmazonから独自のLunaコントローラー(49.99ドル)が有償で提供されるほか、PS4のDUALSHOCK4やXbox Oneのコントローラーをサポート。ほかにもマウスやキーボードもサポート予定だ。

Luna+で配信されるゲームタイトルは50前後というが、そのほかにも追加チャンネルを追加することで基本配信タイトル以外もプレイすることができる。追加チャンネルとしてUbisoftが挙げられており、加入することで 「アサシンクリード」 シリーズ最新作『アサシンクリード ヴァルハラ』をプレイすることができるようになるという。

「Luna」 の正式サービス開始は現時点では発表されていない。また、国内での展開時期についてもまだアナウンスされていないため、今後の発表に期待となる。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。