Amazon、自動配達ロボット 「Scout」 発表 米ワシントン州でフィールドテストが開始

ドローンを使った配達の次は、自動配達ロボットの登場だ。Amazonはあの手この手で、効率的な配達方法を模索している。

現地時間1月23日、同社は自動配達ロボット 「Scout」 を使った配送サービス発表した。早くもフィールドテストがワシントン州スノホミッシュで開始されている。

自動配達ロボット「Scout」による配送サービスが開始

今回発表された「Scout」は、小型クーラーボックスサイズの配達キャリア。6輪のタイヤと搭載されたセンサーを使って地面を自動で走り、中に入った配達物をAmazonの顧客に届ける仕組み。

当初はフィールドテストが実施され、合計6台のScoutが投入されるとのこと。本来であれば、Scoutだけで配達に向かうわけだが、テスト中はAmazonの従業員が付き添って配達をする。人の歩くスピードと同じくらいの速度で、道を歩く人や障害物を避けながら進むことができるという。

テストは平日(月曜~金曜)の日中のみとなるが、パイロットプログラムがいい成果を出すことができれば、さらなる台数の投入や他地域へのサービス拡大もありえそうだ。

Scoutは非常にユニークな試みだ。ただし、Amazonはこれまでも無人配送サービスの開発を行っており、2015年にはPrime Airという配達ドローンの投入を発表している(ただし一部地域でのテストに留まり、本格運用には至っていない)。

Scoutはそれに続く試み。もちろん、顧客の不在が多かったり、長距離を移動できないなど効率的ではないこともあるだろうが、投入する地域や在宅の可能性が高い顧客の自宅、営業所などに限定するなど運用の仕方を工夫すれば、Scoutを使って効率的に配達することも可能になるかもしれない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。