Amazon、独自スマートテレビ 「Fire TV Omni」 「Fire TV 4」 海外で発売

現地時間9月9日、米Amazonは独自のスマートテレビ 「Fire TV Omni」 「Fire TV 4」 を発売すると発表した。「Fire TV Omni」 はハイエンドモデル、「Fire TV 4」 は普及モデルという位置付け。

Amazonが米国向けに独自スマートテレビを販売するのは今回がはじめて。

Fire TV Omni

「Fire TV Omni」 は、43、50、55、65、75インチの5ラインナップ。画面解像度は4K (3840×2160ピクセル) で、HDR 10、HLG、Dolby Digital Plusをサポート。65、75インチはさらにDolby Visionにも対応する。

極細ベゼルを採用しているため、より没入感の高い映像体験が可能。リフレッシュレートは60Hz。

音声アシスタント 「Amazon Alexa」 を搭載しており、音声のみでテレビをコントロール可能。スマートホーム製品の音声制御もできる。

また、ウェブカメラの接続にも対応しており、テレビ通話をすることが可能。本体内蔵マイクは手動で切ることも可能。ユーザーのプライバシーに配慮した形。

搭載ポートはHDMI 2.0×3、eARC対応のHDMI 2.1×1、USB-Ax1、Ethernet。価格は409.99ドル~1099.99ドル (約4万5000円~約12万700円)。米国では10月に発売予定。日本で展開されるかどうかは未定となっている。

Fire TV 4

「Fire TV 4」 は、43、50、55インチの3ラインナップ。画面解像度は4K (3840×2160ピクセル) で、HDR 10、HLG、Dolby Digital Plusをサポートする点は 「Fire TV Omni」 と変わらない。搭載ポートも、HDMI 2.0×3、HDMI 2.1×1、USB-A×1、Ethernetと 「Fire TV Omni」 と同じだ。

「Fire TV Omni」 と異なる点は、ベゼルが少し広いことと、より大型の65、75インチが用意されないこと。また、Webカメラを使ったビデオ通話にも非対応だ。

価格は369.99ドル~519.99ドル (約4万700円~約5万7100円) 。米国では10月に発売予定だが、日本で展開されるかどうかは未定だ。

関連記事
Amazon、「Fire TV Stick 4K Max」 10月7日発売。本日から予約開始

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。