レジなしスーパー「Amazon Go」、今年中に最大6店舗オープン予定

現地時間1月22日、Amazonはレジなしスーパー「Amazon Go」を米シアトルにある本社内に正式オープンした

同店舗は、入り口に設置されたゲートにアプリのQRコードをかざすことでユーザー認証を行い、あとは欲しい商品を手にとって店外に出ることで、Amazonアカウントに自動的に料金が請求されるため、レジでの精算が不要という画期的なスーパーだ。

現在はシアトルに1店舗だけ存在している「Amazon Go」だが、Amazonは今年中に最大で6店舗をオープンする予定であることが判明した。

ロサンゼルスとシアトルに新店舗がオープン予定か

Bloombergが情報に精通している関係者から入手した情報によると、現時点で新たな「Amazon Go」の出店場所として候補に挙がっているのはロサンゼルスとシアトルの2箇所。シアトルにはすでに第1号店が出店しているが、第2号店がオープン予定だという。

また、Amazonは、個人不動産事業を営むRick Caruso氏と「Amazon Go」の出店場所について本格的に話し合いを行ったとされており、同氏の経営する会社が所有しているロサンゼルスの屋外モール「The Grove」内にオープンする可能性が指摘されている。

ちなみに、同報道に対してAmazonはコメントを拒否したとのこと。

スーパーのレジを廃止し、よりスムーズな買い物を実現した「Amazon Go」。現在はまだオープンしたてということもあり、第1号店の「Amazon Go」では店員を配置しているとのことだが、いずれは無人にすることも計画されているという。

現時点では日本など他の国でも出店が行われるかは不明だが、「Amazon Go」ができれば買い物が便利になること間違いナシ。「Amazon Go」の今後の展開に注目だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。