レジなしスーパー「Amazon Go」、シアトルの本社内に正式オープン

2016年12月に発表され話題になった、Amazonのレジなしスーパー「Amazon Go」が米国内に正式にオープンする。

同店舗は、一般ユーザー向けには現地時間1月22日にオープンする予定。第1号店は、シアトルにあるAmazonの本社内で、営業は毎週月曜から金曜までの午前7時から午後9時まででとなっている。

これまでAmazonの社員のみが利用できる”ベータテスト”が実施されていたが、発表から1年経った今、ようやく一般ユーザー向けに解放された形だ。本当は昨年の早い段階で公開される予定だったが、技術的な問題が生じていたことから公開を延期していた。

 

この「Amazon Go」は、店内に一切レジがないのが特徴で、ユーザーはスマートフォンにダウンロードしたアプリを使うことでスマートに買い物ができるという。

[ img via NewYork Times ]

買い物に来たユーザーは、入り口に設置されたゲートにアプリのQRコードをかざすことでユーザー認証が完了し、あとは買い物カゴの中に買いたい商品を放り込むだけ。店外に出ると持ち出した商品が自動的に清算され、ユーザーのAmazonアカウントで料金が請求される仕組みとなっている。レジに並んだり、財布を出したりする手間がない。

[ img via NewYork Times ]

ユーザーが手にした商品は、全て店内のセンサーでトラッキングされており、ユーザーが手に持ったことがわかるだけでなく、陳列棚に戻したことも正確に把握することができる。

「Amazon Go」は大型スーパーほどの規模ではなく、イメージとしてはコンビニエンストアもしくは小型スーパーほどの大きさとなっている。店内には総菜やサンドイッチ、パンやサラダ、卵や牛乳、チーズ、調味料などの基本的な食料品や、コーヒーやワインなどの飲料品が陳列されているとのこと。

Amazonは同ストアを完全に無人化することを検討しているとのことだが、オープンしたてということもあり、現時点では店員を配置しているようだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。