Amazon、フィットネスバンド 「Halo」 発表。運動追跡だけでなく体の3Dスキャンや感情の追跡などユニーク機能も搭載

現地時間8月27日、Amazonはフィットネスバンド 「Halo」 と同デバイス向け専用アプリを発表した。

Amazonがフィットネスバンド 「Halo」 を発表

今回発表された 「Halo」 は、Amazonが開発したフィットネスバンド。Apple WatchやFitbitのスマートウォッチと異なり画面は存在しないが、加速度センサー、温度センサー、心拍数モニター、2つの内蔵マイク、LEDインジケーターライト、マイクのオン・オフを切り替えるボタンが内蔵されており、装着者の運動や体脂肪、有酸素運動、睡眠などのトラッキングが可能だという。さらに声のトーンなどから感情の起伏もトラッキングできるなど、ユニークな機能も搭載されている。

前述の体脂肪はスマートフォンの内蔵カメラでユーザーの身体を撮影することで計測できるようになっている。撮影したデータをAmazonのサーバーにアップロードすることでユーザーの体の3Dモデルが画面に表示される。さらに3Dモデルだけでなく、機械学習から割り出した体脂肪率も表示されるという。

スキャンする際はなるべく体のラインが見えるようなピッタリ気味の服(下着が理想)を着た状態で、前面・背面・側面から4枚撮影する必要がある。ちなみにAmazonのサーバーに送信したデータは送信後に削除される仕組みになっているとのこと。個人情報についてはちゃんと配慮されているようだ。

「Halo」 のバンドには心拍数センサーが内蔵されており、ユーザーの運動量を計測できるようになっていて、専用アプリから毎週の目標の達成度を確認できるようになっている。また睡眠追跡機能と皮膚温度モニタリング機能も搭載されており、起床時に睡眠時の平均体温を確認できる日々の体調管理機能が魅力のひとつとされている。

バッテリー持ちは約7日間と長い。これは画面が搭載されていないからではあるが、毎日の充電が要らないのは地味に便利だ。

「Halo」 はまずは米国にて招待制の早期アクセスプログラムとして販売が開始される。通常価格は99.99ドルだが、同早期アクセスで購入する場合は64.99ドルで購入できる。

また、「Halo」 にはサブスクリプションサービスも提供され、月額3.99ドルでパートナー企業が開発したラボ機能が利用できるという。ラボ機能はユーザーの生活習慣の改善に役立つ睡眠の取り方、日々の運動ルーチン、瞑想などを促すという。ちなみに前述の早期アクセスプログラムで購入したユーザーには、同サブスクリプションサービスを数ヶ月分無料で利用できるという。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。