Amazon、iPhone 13シリーズとiPhone SE(第2世代)を販売開始。iPhoneの取扱いは初

12月10日、アマゾンジャパンは 「Amazon.co.jp」 において、iPhone 13シリーズおよびiPhone SE(第2世代)の取扱いを開始した。

iPhone 13 mini、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxの4モデルに加えて、iPhone SE(第2世代)の各SIMフリーモデルを販売する。AmazonでiPhoneが販売されるのははじめて。なお、現在は在庫切れの状態だが、在庫が復活すれば再び購入できるようになるはずだ。

「iPhone 13」 シリーズとは

「iPhone 13」 シリーズは、昨年秋に発売した 「iPhone 12」 シリーズの後継モデル。基本デザインを踏襲し、カメラ性能とプロセッサ性能の強化に重きを置いた。内蔵プロセッサは新開発の 「A15 Bionic」 に置き換わり、従来モデルから最大50%性能向上した。

画面上部の切り欠き(ノッチ)が小型化し、端末全体における画面の占める割合はより高くなった。最大輝度も従来モデルから向上しており、より明るい画面で動画やゲームを楽しめる。

上位モデルのiPhone 13 Pro/13 Pro Maxにおいては、120Hzの高リフレッシュレートに対応するProMotionテクノロジーをサポートし、滑らかなスクロールに対応。目の疲れ軽減にも繋がる。

カメラ性能は下位モデル・上位モデルともに強化されている。広角・超広角カメラはより多くの光を取り込めるようになり、ノイズが少なく、明るい写真が撮影可能。また、全モデルがセンサーシフト光学式手ぶれ補正に対応したことで、よりブレの少ない、高品質な写真を撮影できるようになった。

上位モデルのiPhone 13 Pro/13 Pro Maxにおいては、広角・超広角カメラに加えて望遠カメラが引き続き搭載。77mmの新しい望遠カメラにより、3倍の光学ズームに対応した。

上位モデルは広角・超広角カメラの性能も下位モデルより高くなっている。より明るい広角カメラで星空も綺麗に撮影できるようになり、超広角カメラはマクロ撮影にも対応している。

iPhone 13シリーズは動画撮影機能も強化されていて、新モード 「シネマティックモード」 の搭載により、カメラが自動で被写体にフォーカスを合わせつつ、周辺に被写界深度エフェクトを作り出すことで、映画のようなクオリティの映像が撮影できる。

目立つ被写体がフレームに入りそうなタイミングをiPhoneが自動で予測し、フレームに入った瞬間にフォーカスを切り替える。映画制作者が使う、観客の視線を誘導するために1つの被写体から別の被写体にフォーカスを切り替える 「フォーカス送り」 と呼ばれるテクニックを簡単に実現できる。

ちなみに、上位モデルにおいては、ProRes形式での動画撮影もサポートされている。

「iPhone 13」 シリーズは全モデルがモバイルネットワークは5Gに対応。デュアルeSIMにも対応した。最大15Wのマグネティック高速ワイヤレス充電 「MagSafe」 もサポートする。

内部設計の改良によりいずれのモデルもバッテリー容量が増加。先代モデルに比べて1.5〜2.5時間以上長く駆動できるようになった。

関連記事
iPhone 13 Pro レビュー | 高性能トリプルカメラでステキな風景を瞬時保存。新プロセッサ&ProMotionテクノロジーで画面動作ヌルサクに
iPhone 13 mini レビュー | 手のひらにスッポリ収まるミニ新型モデル、その良いところと残念なところ

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

注:当記事に掲載されている価格など可変的情報については、記事掲出時のものであることに注意してください。
Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
Amazon、Prime Videoおよび関連する全てのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
Amazon、Amazon Musicは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。