Amazonとライフコーポレーション、生鮮食品の配送を関西で開始

7月16日、Amazonとライフコーポレーションは、ライフで取り扱っている生鮮食品をAmazonが配送するサービスの提供を関西地域でも開始したことを発表した。

サービスが開始されたのは、大阪市16区(阿倍野区、生野区、北区、城東区、住吉区、大正区、中央区、鶴見区、天王寺区、浪速区、西区、西成区、東住吉区、東成区、福島区、港区)。同サービスは2019年9月に東京7区で開始され、2020年4〜7月にかけて合計23区4市まで提供地域が拡大していたが、関西地域に提供されるのは今回がはじめて。

当該地域にお住まいのプライム会員は、ライフの実店舗で取り扱われている合計数千点の商品をPrime Nowの専用アプリを通じてオンラインで購入することが可能。ライフ店内の専門スタッフが、ユーザーに代わって品質を厳しくチェックしながら商品を選び、Amazonの配送ネットワークにてお届け。

配送時間は当日または翌日正午〜22時まで、2時間単位で配達時間の指定が可能だ。Prime Nowの最低注文金額は2,000円以上、配送料は6,000円未満は440円、6,000円以上の10,000円未満の場合は220円、10,000円以上のは無料となっている。

Prime Nowはこちらのリンク(App Store/Google Play)から利用できる。対象地域にお住まいのプライム会員の方はぜひ活用してみていただきたい。

関連記事
Amazonプライムの年会費をAmazon Mastercardゴールドカードで安く抑える方法

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。