Amazon、プライベートブランドを拡充 食品や日用品を扱うブランド「SOLIMO(ソリモ) 」提供へ

7月11日、Amazonは新しいプライベートブランド「SOLIMO(ソリモ)」を立ち上げることを発表した。食品・飲料、 日用品、 ベビー用品などの消費財カテゴリーを提供するAmazonブランドになるという。

Amazonはこれまで、高品質な食品や飲料を提供するHappy Belly(ハッピーベリー)、高品質な日用雑貨・清掃用品を提供するPresto!(プレスト)、ベビー用品を提供するMama Bear(ママベアー)、ワンランク上の食品を提供するWickedly Prime(ウィキッドリープライム)の4種類のプライベートブランドを提供してきたが、これにさらに「SOLIMO(ソリモ)」が追加される。手頃な価格で食品・飲料、 日用品、 ベビー用品を手に入れることが可能だ。

SOLIMO(ソリモ)」は、7月31日までAmazonの有料会員「プライム会員」向けに提供され、8月1日からは一般会員も購入することが可能になる。

また、「SOLIMO(ソリモ)」だけの取り組みとしてダブルブランドによる製品も販売していく予定だ。まずは、アンファー「スカルプD」と共同開発した「SOLIMO スカルプD」が発売。この「SOLIMO スカルプD」は、7月16日正午から開催予定の年に1度のビッグセール「プライムデー2018」で先行販売されるとのことだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。