Amazon、「Ring」 ブランドのドアベル・セキュリティカメラ日本投入。本日より予約受付開始

4月13日、アマゾンジャパンは 「Ring」 ブランドのドアベルとセキュリティカメラを国内に投入すると発表した。

まずは、スマートドアベル 「Ring Video Doorbell 4」、屋内用カメラ「Ring Indoor Cam」 、屋内外で使える充電式カメラ 「Ring Stick Up Cam Battery」 を発売する。

発売に先駆けて、これら3製品の予約受付を本日より開始。また、4月20日からはヤマダデンキ3店舗、および一部の家電量販店でも順次販売される予定となっている。

▼ Ring Video Doorbell 4:23,980円(税込)

▼ Ring Indoor Cam:6,980円(税込)

▼ Ring Stick Up Cam Battery:11,980円(税込)

Ringは、2018年にAmazonが買収したIoTのスタートアップ。Alexaを介して操作するスマートカメラに力を入れており、海外ではすでに製品が展開されているが、いよいよ日本国内の製品展開が開始される形。

今回発売する3製品は、いずれもWi-Fiネットワークに接続して使用するホームセキュリティカメラ。自宅にいるときはもちろん、外出先でもスマートフォンやAlexaに対応したデバイスで、自宅内外の様子を確認することが可能だ。

Ring Video Doorbell 4

「Ring Video Doorbell 4」 は、玄関先に設置するスマートドアベル。インターフォンの代わりに設置することで、スマートディスプレイやスマートフォンで来客者の応対が可能になる。

呼び鈴ボタンが押されると、各デバイスに玄関先の映像が表示され、応対することも可能。また、「Ring Video Doorbell 4」 に内蔵された赤外線・カメラセンサーが人の動きを検知すると、スマートフォンに通知が送られ、不審者かどうか確認できる。

検知後は4秒前から遡って録画も行われる仕組み(カラーPre-Rollビデオプレビュー)。不審者対策だけでなく、見守り用途としても便利な製品だ。

本製品は、着脱可能な充電式バッテリーで動作するため、充電のたびにドアベル本体を外す必要はない。駆動時間は動作環境や使用頻度などによって異なるが、フル充電から最長2ヶ月間の利用が可能。充電はmicroUSBケーブルを利用する。

Ring Video Doorbell 4用着脱式フェイスプレート

ドアベルは別途 「Ring Video Doorbell 4用着脱式フェイスプレート」 を購入することで色を変えられる。カラーはゴールドメタル、スムースブラック、ナイトスカイ、ブルーメタル、ホワイト、モカブラウンの6色用意される。価格は1,780円(税込)。

なお、「Ring Video Doorbell 4」 でのモーション検知時やドアベルが押された際、音で知らせるデバイス 「Ring Chime Pro (チャイムプロ)」も発売となる。同製品は、Ringデバイス用のWi-Fi中継機と常夜灯、チャイムの3つの機能をひとつにまとめたもの。

チャイム音は聞き慣れたものから、季節を感じさせるものまで、様々用意されている。また、常夜灯は自動点灯式なので、日中に無駄に電力を消費することはない。そのほか、おやすみモードも利用できる。これらは、いずれもRingアプリから設定可能だ。

Ring Indoor Cam

Ring Indoor Camは、自宅などの屋内利用を想定した小型セキュリティカメラ。

赤外線とカメラセンサーによるモーション検知に対応しており、人の動きを検知するとスマートフォンなど各種デバイスに通知が送られる。部屋のどこかに設置することで、不審者対策あるいは見守り用カメラとして利用できる。

また、本製品には双方向通話機能も搭載されており、離れた家族と会話することも可能だ。

屋内での使用を前提とした製品ということもあり、電力の供給はコンセントから行う方式を採用する。電力が供給できる場所であれば、設置場所は問わず、机上はもちろん壁面や天井に設置もできる。内蔵カメラは1080p HDに対応。視野角は対角140°、水平115°、垂直60°。

Ringデバイスを複数持っている場合、デバイス間の連携が可能。ひとつのカメラがモーション検知をしたとき、他のカメラでも録画を開始することもできる。設定はRingアプリから可能だ。

Ring Stick Up Cam Battery

「Ring Stick Up Cam Battery」 は、屋内・屋外を問わず使用できる充電式カメラ。IP55等級の防塵防沫に対応しており、雨のあたる場所でも気にせず設置することができる。

本製品は着脱可能な充電式バッテリーパックを採用しており、わざわざカメラを取り外すことなくバッテリーのみを充電して使用可能。バッテリー稼働時間はデバイスの設定や使用状況によって異なるとのことだが、Amazonによると1回の充電で長時間利用できるとのこと。

内蔵カメラによって、最大1080p HDビデオのライブ映像を見ることができるほか、ナイトビジョンもサポートするため、消灯してもHD映像を見ることができる。

赤外線とカメラセンサーによるモーション検知にも対応しており、不審な動きを感知するとRingアプリに通知。必要なイベントだけを検知するようにカスタマイズできるゾーン設定や、カメラに映したくない範囲を隠すプライバシーマスク機能といった便利機能も備わっている。


今回発売するRingデバイスは、いずれも専用アプリ 「Ring」 を使って設定・管理することが可能だ。各製品のライブ映像の確認やインターフォンへの応対、インスタントアラートや双方向通話などは無料で利用できる。

さらに60日間のビデオ履歴の保存など付加機能については、有料の 「Ringプロテクトプラン」 に加入することで利用可能になる。

「Ringプロテクトプラン」 には、「Ring Basic」 「Ring Plus」 の2種類が用意されている。

「Ringプロテクトプラン」 詳細
  Basicプラン Plusプラン
価格 350円/月
または
3,500円/年
1,180円/月
または
11,800円/年
接続台数 ドアベル
またはカメラ1台
すべて
(登録住所ごと)
60日間のビデオ履歴
ビデオの保存と共有
スナップショットの撮影
パーソンアラート
スナップショット付き通知
延長保証
無料体験 2023/3/31まで 

「Ring Basic」 は月額350円あるいは年額3,500円(税込)で、60日間のビデオ履歴の保存・確認できる機能、録画をパソコンやスマートフォンに出力する機能、定期的に撮影されるスナップショットを画像付きで通知する機能、モーション検知機能で人物を検知した場合にのみ通知するパーソンアラート機能が利用できる。接続できるドアベル/カメラは1台まで。

「Ring Plus」 は月額1,180円あるいは年額11,800円(税込)で、すべてのカメラで上記機能を利用できるようになるほか、延長保証が付帯する。

今回発売する 「Ring Video Doorbell 4」 「Ring Indoor Cam」 「Ring Stick Up Cam Battery」 については、「Ringプロテクトプラン」 の無料体験が付属。2023年3月31日まで無料で利用可能だ。

(画像提供:アマゾンジャパン)

Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
Amazon、Prime Videoおよび関連する全てのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
Amazon、Amazon Musicは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。