Amazon、第2本社の建設場所に20都市を選出

[ img via Kārlis Dambrāns ]

Amazonが計画している第2本社建設の候補地に、計20都市が選出された。ボストン、ニューヨーク、ワシントンD.C.のメガロポリスの他にも、地域を代表する大都市が軒並み名を連ねている。

合計238の都市からオファーがあったが、それぞれの都市の魅力と第2本社の建設地として必要な条件を鑑みた結果、Amazonは以下の20都市のいずれかに建設することを望んでいるようだ。

  • アトランタ(ジョージア州)
  • オースティン(テキサス州)
  • ボストン(マサチューセッツ州)
  • シカゴ(イリノイ州)
  • コロンバス(オハイオ州)
  • ダラス(テキサス州)
  • デンバー(コロラド州)
  • インディアナポリス(インディアナ州)
  • ロサンゼルス(カリフォルニア州)
  • マイアミ(フロリダ州)
  • モンゴメリー・カウンティー(メリーランド州)
  • ナッシュビル(テネシー州)
  • ニューアーク(ニュージャージー州)
  • ニューヨーク(ニューヨーク州)
  • ノーザン・バージニア(バージニア州)
  • フィラデルフィア(ペンシルベニア州)
  • ピッツバーグ(ペンシルベニア州)
  • ローリー(ノースカロライナ州)
  • トロント(オンタリオ、カナダ州)
  • ワシントンD.C.

Amazonは、これらの都市に本社を建設した際の利点をさらに研究する。同社は各都市と直接連絡を取り、建設予定地を決める考えだ。

最終選考は2018年中に行われる予定で、これから1年以上をかけてじっくりと選ぶつもりのようだ。

ただ興味深いのは、これらの候補地の多くが米国東部に位置しているということ。

Amazonが建設を進める第2本社は”大型支店”というものではなく、第1本社と同じく本社機能を備えるものである。第1本社と第2本社を分けることでどのように運営する予定なのかは不明だが、現在、Amazonの第1本社は米国北西部のワシントン州シアトルに存在することから、広大なアメリカ大陸を東西に二分して、管理することを考えているのかもしれない。

ちなみに、最終候補地の中にカナダのトロントが存在することも一つ注目したい。

[ via TechCrunch ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。