Alexa搭載デバイス、累計販売台数が1億台に

Amazonの人工音声アシスタント 「Alexa」 を搭載したデバイスが、とうとう世界で1億台販売されたことが明らかになった。Amazonのデバイス・サービス担当SVP (シニア・バイス・プレジデント)のDave Limp氏がThe Vergeのインタビューで明らかにした。

Alexa搭載デバイスが1億台を突破

この数字は、Amazon EchoなどのAmazonデバイスだけでなく、Eufy GenieHarman Kardon ALLUREなどのサードパーティ製品も含まれる。もちろん、複数の人工音声アシスタントを搭載する予定のSonos製品も対象になっているとみられるが、累計台数1億の中で、Amazonデバイスとサードパーティデバイスの内訳がどうなっているのかについては明らかになっていない。

ちなみに、Alexaを内蔵する製品は現在150種類、Alexa対応スマートホームデバイスは28,000種類存在するとのこと。これらのAlexa搭載デバイスは70,000を超えるスキルを利用できるという。

さらに、昨年9月に発表した自動車内でAlexaを利用できる 「Alexa Auto」 もすでに100万人が事前登録していると明かす。まだ招待制の中での販売ではあるが、これから販売は本格化するものとみられる。

2019年のAlexaデバイスについて、Dave Limp氏はこれまでの戦略を継続することを明らかにしている。Alexaを搭載したデバイスを増やしながら、できることを増やし、各家庭への普及率を上げることを目標としている模様。Alexa搭載デバイスを増やすため、今後の開発チームの焦点はEcho製品の開発とともに、サードパーティの開発者のためのツールとAPIの構築を行っていくとしている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。