Amazon、東京都青梅市と千葉県流山市に新たな物流拠点(フルフィルメントセンター)を開設

10月7日、アマゾン・ジャパンは東京都青梅市と千葉県流山市に新たな物流施設 (フルフィルメントセンター/FC) を開設すると発表した。

Amazon、東京都青梅市と千葉県流山市に新たな物流拠点を開設

稼働は、アマゾン青梅フルフィルメントセンターが2021年9月22日より開始されており、アマゾン流山フルフィルメントセンターは2021年10月13日より開始となる。これらの物流拠点が誕生することで、これまで以上に幅広い品揃えを実現し、ホリデーシーズンに向け日本全国のより多くの利用者に迅速な配達が可能になるとしている。

東京都青梅市と千葉県流山市のフルフィルメントセンターの開設によって、日本におけるAmazonの物流拠点は合計20箇所を超え、合計1500万立法フィート以上になり、商品保管能力も10%増強される。

また、両フルフィルメントセンターには自走式ロボットが商品棚を移動させるシステム 「Amazon Robotics (AR)」 が導入されるとのこと。

関連記事
Amazon Prime Video、V6のライブコンテンツ8作品を10月22日より配信。 25周年配信ライブ『For the 25th Anniversary』など
Amazon、「マーケットプレイス配送サービス」 ヤマト運輸と共同で年内提供開始

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。