Amazon Drive、2023年12月31日でサービス終了。Amazon Photosへ注力

現地時間7月28日、米Amazonは同社オンラインストレージ 「Amazon Drive」 を2023年12月31日をもって提供終了すると発表した。

提供終了は、米国の利用者向けに送信されたメールで発表されている。2023年1月末より新規アップロードができなくなり、2023年12月31日からはアップロードしたデータへのアクセスができなくなるという。

今後のスケジュール

  • 2022年10月31日:Amazon DriveアプリがApp Store/Google Playから削除
  • 2023年1月31日:Amazon Driveへのファイルアップロードができなくなる
  • 2023年12月31日:Amazon Drive内のファイルの表示/ダウンロードができなくなる

日本のユーザー向けにはメールは送信されていないものの、Amazonは全世界のユーザーに影響すると説明していることから、日本でもサービスが終了することが予想される。

関連リンク:Amazon.com: FAQ: Deprecation of Amazon Drive

Amazon Driveは、2011年3月に提供がはじまったオンラインストレージサービス。日本では2012年11月にサービスが開始され、5GBの無料ストレージのほか、有料で100GB〜30TBまで有料ストレージを追加することもできた。

写真を無制限にアップロードできるAmazon Photosについては今後もサービスが継続される。今回のAmazon Driveの終了の理由として、このAmazon Photosへのサービスへリソースを集中するためと説明している。

(画像:Amazon)

Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
Amazon、Prime Videoおよび関連する全てのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
Amazon、Amazon Musicは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。