Amazon Echo、通話やメッセージ送信が可能に Echo Spot同士であればビデオ通話もできる

9月5日、Amazon同社のスマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズに「コミュニケーション機能」を追加したことを明らかにした。通話やメッセージの送受信など複数の機能が、Amazon EchoおよびAlexaアプリで利用することが可能になっている。

今回追加されたコミュニケーション機能は、すでに海外でリリースされている機能だが、ようやく日本でも利用できるようになった。

通話・メッセージ送受信機能

利用できる機能は、大きく分けて「通話(Alexaコール)」「メッセージ送受信(Alexaメッセージ)」「呼びかけ」の3種類。

「Alexaコール」は、Echo端末と「Alexa」アプリ間で通話やメッセージのやり取りができるサービス。

Echo端末やAlexaアプリ間で、通話の発着信ができ、画面を内蔵したEcho端末(Echo Spotや日本未発売のEcho Show)の場合はビデオ通話を利用することもできる。また、「Alexaメッセージ」機能も追加され、メッセージの送受信も可能になった。「アレクサ、XXXにメッセージを送って」と言うと、音声メッセージを作成し、送ることができる。

「Alexaコール」と「Alexaメッセージ」機能を利用するには、自分はもちろんのこと、相手も利用できるように設定しておく必要があるので、その点には注意が必要だ。

ちなみに、画面を内蔵したEchoの場合は発信元が誰なのかは画面に表示されるようになっているが、画面がないEchoの場合は誰からの発信かは分からない仕様になっている。また、声だけでは相手の名前を認識しづらいこともあるため、Amazonは連絡先の名前にふりがなをつけることを推奨している。

呼びかけ機能

そして、最後の「呼びかけ」機能。この機能は、自宅内にある複数のEcho端末で通話をする機能。

Alexaコールとの違いは、通話に出るかどうかを選ぶ必要がない。Alexaコールの場合は、通話に出るかはユーザーが決める仕組みになっているが、「呼びかけ」の場合は着信した段階で自動的に接続される仕様になっているため、離れた部屋であってもすぐに用件を伝えることができる。

2階の部屋で寝ている子どもを「朝よー!」と起こしたり、「ご飯ができたから降りてらっしゃーい!」と言った具合に呼び出すこともできる。ちなみに、Echo Spotなど画面内蔵型デバイスやAlexaアプリの場合はビデオ通話ができる。

機能 音声コマンド例
Alexaコール アレクサ、XXXに連絡して
アレクサ、私のEchoに連絡して
Alexaメッセージ アレクサ、XXXにメッセージを送って
呼びかけ アレクサ、XXXに呼びかけて

これらのコミュニケーション機能を利用できるのは、Amazon Echo」と「Echo Dot」「Echo Plus」「Echo Spot」、そしてiOS/Android端末向けにリリースされている「Alexa」アプリ。前述した通り、Echo SpotとAlexaアプリに関してはビデオ通話をすることも可能だ。これらの機能はすべて追加料金など発生しないため、誰でも気軽に利用することが可能。Echoをお持ちの方はぜひ試してみただきたい。

Echo Spot (エコースポット) - スマートスピーカー with Alexa、ブラック
Echo Dot (エコードット) - スマートスピーカー with Alexa、ブラック
Amazon (2018-04-03)
売り上げランキング: 4
Echo Plus (エコープラス) - スマートスピーカー with Alexa、ブラック
Amazon (2018-04-03)
売り上げランキング: 5
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。