Amazonフレッシュがリニューアル、最短2時間で受け取り可能に。料金体系も一本化で月会費プラン廃止

7月14日、アマゾンジャパンは 「Amazonフレッシュ」 のリニューアルを発表。利用者の利便性を向上させるため注文から最短2時間の配達を実現するほか、料金体系の見直しも実施する。

Amazon フレッシュがリニューアルオープン

「Amazonフレッシュ」 は、Amazonプライム会員向けの生鮮食品配達サービス。これまでは注文から最短4時間で配達していたが、今回のリニューアルでAmazonフレッシュ専用物流拠点におけるシステムおよびオペレーション手順を改善し、最短2時間での配達が可能に。配達エリアはこれまでと同様、 東京、 神奈川、 千葉の一部地域。

今回のリニューアルに伴い、料金体系も見直された。これまではプライム会費に加えて、 月会費500円でAmazonフレッシュ会員に登録することで配送料が無料になるプランと、注文ごとに配送料を支払うプランが用意されていたが、今後は料金体系を1本化。

プライム会員であれば、追加会費は一切なしでAmazonフレッシュを利用できるように。配送料は4,000〜9,999円の注文の場合は390円、10,000円以上の注文の場合は配送料が無料となる。

なお、東京都大田区、世田谷区、目黒区、狛江市、および神奈川県川崎市(幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)、横浜市(港北区)の 一部エリアでは、1時間単位で配達時間の指定が可能に。1時間単位の配達時間指定をする場合の配送料は、4,000~9,999円の注文は890円、10,000円以上の注文は500円と設定されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。