『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン10、Amazon Prime Videoで12月3日配信。歴代王者が集結し初の“チャンピオン大会”に

アマゾン・ジャパンは、同社映像配信サービス 「Amazon Prime Video」 において、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン10を2021年12月3日(金)に配信する。

『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン10、12月3日にプライム会員向けに独占配信開始

「ドキュメンタル」 シリーズは、 松本人志氏によって選ばれたお笑い芸人たちによる “笑わせ合いバラエティ” 番組。「最後まで笑わなかった者、 他者を笑わせてポイントを多く獲得したものが優勝」 というルールのもと、参加者は優勝賞金1,000万円を懸けて笑わせ合いバトルに挑む。

シリーズ10作目となる『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン10』では、過去シリーズのチャンピオンが一挙集結。シリーズ初の “チャンピオン大会” となり、未だかつてないほどの笑いの激闘を繰り広げる。

今回は出場芸人たちが発表され、戦いを目前に控えた芸人たちのファイティングポーズ、 意気込みコメントがあわせて解禁されている。

  • 小峠英二 (バイきんぐ) ※ Season 2 優勝
    「ドキュメンタルはお笑いの修羅現場なので、全てを出し切って、汚くて下品な笑いをできればなと思います。」
  • 山本圭壱 (極楽とんぼ)  ※ Season 3 優勝
    「嘘だと思いました。正直信じられないっていう。見るものだとも思ってたんで、まさかもう一回来るとは。絶対勝つぞー!・・・・・絶対俺は無理でしょ。だいたい見てる人もそう思ってるでしょ?」
  • くっきー! (野性爆弾)  ※ Season 4・8 優勝
    「怖くもあり、望んではいたので。嬉しビビリと言うかね。ビビしりですね。ビビしい。嬉しい。ビビしいです。やっぱり一番になりたいですよね、本当の。全員なぎ倒してやるよ。」
  • ハリウッドザコシショウ ※ Season 5・7 優勝
    「おいコラァ!!ふざけやがってコラァ!チャンピオンだかなんだか知らねえけどギリギリ勝ったやつばっかりじゃねえかコラ!完全勝利の奴は俺しかいねえからな?はー!?」
  • ゆりやんレトリィバァ ※ Season 6 優勝
    「今までと違って、今回はどなたが来られるか分かる状態なので、違った緊張感とか楽しみがあります。あんまり気持ちを落ち込んだりせずに、とにかくどんどん挑戦しようと思います。」
  • 久保田かずのぶ氏 (とろサーモン)  ※ Season 9 優勝
    「頂上戦が始まるんだなという感じですね。面白い奴は一人でいいんでね。それは無しだと言われるかもしれないけども。俺が負けても、勝った奴らの名前挙げて、1ツイートで1キル。」

『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン10は、2021年12月3日(金)にAmazon Prime Videoにて、プライム会員向けに配信される。

「Amazon Prime Video」 は、Amazonが提供している定額制映像配信サービス。映画、ドラマ、アニメ、バラエティなど多数のタイトルが配信されており、その多くがAmazonプライム会員であれば追加料金不要で視聴できる。

Amazonプライム会員は、「Amazon Prime Video」 のほかにもAmazonのお急ぎ配送や時間指定配送を利用できたり、音楽配信サービス 「Prime Music」 など多数のサービスを利用することも可能になる。プライム会員の料金体系は月額プラン500円、年額プラン4,900円。

(C)2021 YD Creation

注:当記事に掲載されている価格など可変的情報については、記事掲出時のものであることに注意してください。
Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
Amazon、Prime Videoおよび関連する全てのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
Amazon、Amazon Musicは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。