Amazon Prime Video、最大100人で同時視聴できる 「ウォッチパーティ」 機能を公開。視聴しながらチャットも可能

10月21日、Amazonは定額制動画配信サービス 「Prime Video」 で、コンテンツをオンラインで複数人同時に視聴できる新機能 「ウォッチパーティ」 を公開した。同機能は現時点ではベータ版として提供されており、プライム会員なら追加料金なしで利用することが可能だ。

Prime Videoの新機能 「ウォッチパーティ」 が公開

「ウォッチパーティ」 は、Prime Video上で提供されているプライム会員対象の映画やTV番組をオンラインで同時視聴しながら、チャットを楽しむこともできる機能。最大100人までの同時視聴・チャットに対応しており、各々が自宅など好きな場所から1つのコンテンツを同時に楽しむことができる。

「ウォッチパーティ」 は、視聴したい作品の詳細ページ上にある 「ウォッチパーティ」 のアイコンをクリックすることで始めることができる。チャット用の名前を入力したら、ウォッチパーティの招待リンクが表示されるため、このリンクをシェアすることで他のユーザーを自分のパーティに招待することができる仕組みだ。動画の再生・一時停止やスキップなどの操作はホストユーザーのみが可能となっている。

ひとつのパーティに参加できるユーザー数は最大100人まで。また、現在はベータ版ということで、デスクトップ用のWebブラウザしかサポートされていないが、将来的に正式実装が行われた段階で、もしかするとスマートフォンやタブレットなどのデバイスからも参加できるようになるかもしれない。

「ウォッチパーティ」 機能は早速本日から利用可能となっている。ベータ版なので多少の不具合はあるかもしれないが、プライム会員の方は家族やお友達などとぜひ同時視聴を楽しんでみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。