AMEXオファー:Googleストアで6万円以上購入→1.2万円キャッシュバック。7月3日まで開催

(画像:Google)

アメリカン・エキスプレスのカード会員向けに提供されている 「アメックス・オファー」 に、Googleストアで買い物すると12,000円分の還元が受けられる新しいキャンペーン 「60,000円ご利用で12,000円キャッシュバック」 が登場している。本キャンペーンを利用することで、お得にGoogle製品を購入可能だ。

(画像:American Express)

本キャンペーンは、AMEXカードを保有する会員がGoogleストアで60,000円以上の買い物をすることで12,000円がキャッシュバックされるというもの。

60,000円ご利用で12,000円キャッシュバック
キャンペーン内容 事前登録のうえ、2022/07/03までにGoogle ストアのウェブサイトにて、合計で60,000円 (税込) 以上のお支払いにカードをご利用いただくと、12,000円をキャッシュバックいたします。キャッシュバックは1回のみです。事前登録先着30,000名様限定。
利用規約
(公式サイトより引用)
  • 事前登録期間/キャンペーン期間:2022/05/17 – 2022/07/03
  • 事前登録いただいたカードで、2022/07/03までにGoogle ストアのウェブサイトstore.google.com/jp/にて、合計で60,000円 (税込) 以上ご決済いただくと、12,000円をキャッシュバックいたします。複数回ご利用の合算も可能です。
  • ご登録済みのカード1枚につきキャッシュバックは1回のみです。
  • 登録済みのカードで利用規約に基づくご利用の場合のみキャンペーンの対象になります。
  • 日本国内のstore.google.com/jp/でのご利用のみ対象です。
  • 日本円でお支払いいただき、日本国内へ配送された場合のみ対象です。
  • ご注文された日ではなくカードご利用代金明細書に記載される日付 (ご利用日) がキャンペーン期間中の場合が対象です。カードご利用代金明細書に記載される日付 (ご利用日) が予約商品、入荷待ちなどでキャンペーン期間終了後の日付となる場合は対象外となります。
  • 対象カードが限定されております。
  • 家族カードおよび追加カードをお持ちの場合は、カード毎に事前登録が必要です。
  • 複数カードをお持ちの場合は、カード毎に事前登録が必要です。
  • 対象加盟店での直接決済ではなく、第三者機関を経由した決済は対象外です。
  • 対象加盟店がQUICPay(クイックペイ)などの決済サービスを利用して決済した場合は対象外です。
  • 特典内容と条件、特典規約はこちら

キャッシュバックは登録カード1枚につき1回まで。複数回の利用の合算も対象となるため、例えば4万円の製品と2万円の製品を購入し、合計6万円に達した場合でも対象になる。複数カードを所有している場合や家族カード・追加カードでも利用可能だが、利用するにはカード毎の登録が必要になる。

対象となる店舗はGoogleのオンラインストアのみで、家電量販店などでGoogle製品を購入した場合については対象外となる。

また、注文した日ではなくカード利用代金明細書に記載される日付(利用日) がキャンペーン期間中の場合に対象になるとのこと。予約商品や入荷待ちなどでキャンペーン期間終了後の日付となる場合は対象外となるため、そちらも注意が必要だ。

「60,000円ご利用で12,000円キャッシュバック」 を利用するには、AMEXのマイページから 「アメックス・オファー」 にアクセスし、事前にカードを登録しておく必要がある。先着30,000名限定とされているため、利用したい場合はぜひ早めに登録しておこう。

キャンペーン期間は2022年5月17日から2022年7月3日まで。

Android、Android ロゴ、Google、Google ロゴ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。