Apple Music、アーティスト向けにアナリティクス機能が搭載

現地時間22日、Appleは「Apple Music」に楽曲を提供しているアーティスト向けにアナリティクス機能の提供を始めたことがわかった。アーティストは自身の楽曲が何回再生されたか、などの細かい分析データを得ることができるようになった。

今回発表されたアナリティクス機能は「Apple Music for Artists」と呼ばれ、アーティスト向けに開発された機能。現在は千人規模でベータテストが実施されている段階で、2018年春にはすべてのアーティストが利用できるようになるとのこと。

同アナリティクスで閲覧できるデータは、再生回数のほか、どんなユーザーがどの楽曲、アルバムを何回聞いているか、など。これらの分析データを今後の音楽活動に生かすことができるようになる。

ちなみに、このようなアナリティクス機能は、同じ音楽配信サービスでライバルのSpotifyなどはすでに提供しているもの。ようやくApple Musicにも実装され、他ライバルに追いついたとも言える。

▼ Apple公式サイトでMacBook製品をチェック
MacBook Air
MacBook Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

[ via Billboard ]

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。