Android 12のスクリーンショットが流出。開発者プレビューの配信はまもなくか

Googleは毎年2月ごろに次期AndroidOSの新機能を紹介するとともに、開発者プレビュー版を公開している。

例年どおりであれば、今月中には次期AndroidOS 「Android 12」 の開発者プレビューが公開されるものと思われるが、それを前に 「Android 12」 の変更点やUIデザインなどがわかるスクリーンショットが流出した。XDA Developerが詳細を伝えている。

Android 12では通知パネルが刷新、新たなウィジェットが追加か

XDA Developerによると、今回のスクリーンショットはGoogleが 「Android 12」 の新機能などをまとめた内部資料から見つかったものであるとのこと。

スクリーンショットから明らかになった変更点としては、まずは通知パネルが新しくなること。現在の通知パネルは基本的に透明なものが採用されているが、Android 12では不透明なベージュになっていることが確認できる。

また通知カードの角が丸いデザインに変更されているほか、上部に表示されるショートカットボタンの数が6から4に減り、各アイコンが大きく表示されるように。日付と時計の位置も入れ替わるようだ。

右上隅のアイコンはカメラやマイクを何らかのアプリが使用していることを示す通知となっていて、タップすることでカメラやマイクを使用しているアプリ名を確認できる。

ウィジェットに関しては、最近のメッセージや不在着信、アクティビティのステータスを最小限のサイズのウィンドウで一度に確認できる 「Conversation」 ウィジェットが新たに追加されるとのこと。

上記の情報について、XDA Developerは信憑性は100%ではないとしているが、実績がある情報源であるとのことから、本物である可能性は十分考えられるだろう。

ちなみに9to5Googleによると、次期AndroidOSのプレビューのために提供されている 「Android Beta Feedback」 アプリのアップデートが現地時間2月4日に行われたことから、Android 12の開発者プレビューの配信が近づいている可能性があるという。

アプリのアップデートがあったからといって必ずしもAndroid 12の開発者プレビューの配信に結びつくわけではないが、次期バージョンに期待している方は楽しみにしておこう。

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。