AppleのAngela Ahrendts氏が今年4月で退職へ 小売部門は人事担当のDeirdre O’Brien氏が兼任

2月6日、Apple小売担当上級副社長Angela Ahrendts氏が4月をもって退職することを発表した。今後、小売担当は人事担当上級副社長のDeirdre O’Brien氏が兼任することになるとのこと。

小売部門上級副社長のAngela Ahrendts氏が退職へ

WWDCで登壇するAngela Ahrendts氏

発表によると、Ahrendts氏の退職の理由は個人的および職業的な新たな目的のためであるという。

Ahrendts氏はこの発表に際し、「過去5年間は、私にとって最も刺激的で挑戦的で充実した仕事でした」 「今回はAppleの重要な幹部の一人であるDeirdre氏にバトンを渡すこれ以上ない機会で、この素晴らしいチームが彼女のリーダーシップの元で世界中の一人一人、そして一つ一つのコミュニティを変えていくことを見守っていきたい」 と述べている。

Angela Ahrendts氏は、ファッションブランド 「バーバリー」 の元CEOで、2014年にAppleに入社し、小売部門の最高責任者として5年間活躍してきた人物。以前日本を訪れた際には東京や大阪、京都、神戸などの大都市に滞在し、帰国後には日本国内のApple Store展開を5年かけて見直すことを発表していた。

また、今後小売担当を兼任するDeirdre O’Brien氏は、30年以上にわたってAppleに在籍しており、現在は人事担当副社長としてAppleに貢献している人物だ。4月からは小売+人事部門担当としてAppleをリードしていくことになる。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。