Ankerが6倍長寿命ポータブル電源 「Anker 521 Portable Power Station (PowerHouse 256Wh)」 発売。初回200個限定で10%ポイント還元

12月7日、アンカージャパンは新製品 「Anker 521 Portable Power Station (PowerHouse 256Wh)」 をAnker公式ストアやAmazon、楽天市場にて発売した。Anker公式ストアとAmazonでの価格は24,800円(税込)、楽天市場では22,320円(税込)とちょっぴり安く購入可能だ。

約6倍の長寿命バッテリーを搭載したポータブル電源

「Anker 521 Portable Power Station (PowerHouse 256Wh)」 は、Ankerが培ってきたバッテリー技術によって、一般的なポータブル電源の約6倍の長寿命を実現した製品。

安全性の高さと電池寿命の長さが特徴のリン酸鉄リチウムイオン電池の中でも特に高品質なセルを採用したことで、充放電サイクル3,000回後も初期容量の80%以上を維持することが可能。1週間に3回の頻度で8年間利用した場合でも、経年劣化による最大容量の低下は10%未満のため長期間安心して使用できるという。

また、災害への備えなど長時間保管のためにも、バッテリーの自然消費を少なく抑える仕組みも導入されている。アンカー・ジャパンによると3ヶ月で8%のバッテリー消費に留まるという。

耐衝撃性能にも優れており、前面と背面への強化パネルの使用に加え、8つの角およびバッテリーパック構造を強化し、高さ50cmからコンクリート床への落下テストもクリア。製品表面には熱に強い耐火ラバーシェルを採用した。

入力:
DC:11-28V=5.5A (最大65W)
USB-C:5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=3A (最大60W)

出力:
AC:110V~50Hz/60Hz, 1.82A,200W (瞬間最大600W)
USB-A:5V=3.6A (各ポート最大12W / 合計最大18W)
USB-C:5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=3A (最大60W)
アクセサリーソケット(シガーソケット):12V=10A

搭載バッテリー容量は80,000mAh (256Wh)、最大入力は125W、合計出力は6ポートで最大398W。バッテリー残量は前面のディスプレイに%で表示される仕組み。本体の充電をしながら、接続したほかデバイスのパススルー充電にも対応する。

また、LEDライトが搭載されているため、アウトドア時の灯りや災害時の緊急用ライトとしても使用可能だ。

AC出力ポートは200Wまでの出力に対応し、電気毛布や冷蔵庫、炊飯器や扇風機、テレビなどに使用できるが、200W以上使用するドライヤーやホットプレートなどには利用できないため注意が必要だ。

「Anker 521 Portable Power Station (PowerHouse 256Wh)」 は本日から販売が開始されている。Anker公式ストアとAmazonでの価格は24,800円(税込)、楽天市場では22,320円(税込)で、Amazonでは発売を記念して初回限定200個まで購入額の10%還元が受けられるとのことだ。

▼ 「Anker 521 Portable Power Station」 を購入する
Anker公式ストア
楽天市場

Anker、Soundcore、Eufy、Nebulaは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。