「Anker 535 Portable Power Station (PowerHouse 512Wh)」 発売。初回セールで15%ポイント還元

2月17日、アンカー・ジャパンは 「Anker」 ブランドの新製品 「Anker 535 Portable Power Station (PowerHouse 512Wh)」 を発表。Anker Japan公式サイト、Amazon.co.jp、楽天市場および一部家電量販店にて販売を開始した。

通常販売価格は59,800円(税込)。Amazon.co.jpでは、初回セールとして200台限定で15%分のポイント還元が実施される。

▼ 「Anker 535 Portable Power Station」 を購入する
Anker Japan公式サイト
Amazon.co.jp
楽天市場

最大9台を同時に充電できる大容量・高出力ポータブル電源

「Anker 535 Portable Power Station (PowerHouse 512Wh)」 は、人気のポータブル電源 「Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)」 をさらに大容量化・高出力化した製品。8年以上使える長寿命はそのままに、バッテリー容量を従来の2倍 (160,000mAh/512Wh) 、ACポートの出力も2.5倍に引き上げた。

内蔵されるバッテリーセルには、使用による経年劣化の少ないリン酸鉄リチウムイオン電池を使用。3,000回使用したあとでも初期容量の80%以上を維持することができ、一般的なポータブル電源の約6倍長持ちであるとのこと。

搭載されるポートはUSB-C x1、USB-A x3、シガーソケット x1、ACポート x4。USB-Cは最大60W出力、USB-Aポートは各12Wで合計36W出力に対応。ACポートは単ポートで最大500W、合計最大500Wとなり、電気毛布やLEDライトなどが利用できる。この1台で最大9つ、合計716Wの出力で同時に充電/給電することが可能だ。

入出力仕様
入力 DC:11-28V=10A (最大120W)
USB-C:5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=3A (最大60W)
出力 AC:110V~50Hz / 60Hz、4.54A、500W(瞬間最大1,000W)
USB-A:5V=7.2A (各ポート最大 12W / 合計最大36W)
USB-C:5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=3A (最大60W)
シガーソケット:12V=10A

本体前面にはディスプレイが搭載されており、バッテリーの残量や満充電になるまでの推定時間などが表示される。また、別売りの高出力ソーラーチャージャー 「Anker PowerSolar 3-Port 100W」 があれば、太陽光を利用して充電することが可能だ。

耐久性にも優れており、本体8つの角およびバッテリーパックに耐衝撃構造を採用しており、製品表面にも耐火ラバーシェルを使用している。本体サイズは約292×251×188mm、重量は7.6kgと、大きく重量はあるものの、災害時やアウトドアでの利用などで活躍してくれること間違いなしだろう。

「Anker 535 Portable Power Station (PowerHouse 512Wh)」 の通常販売価格は59,800円(税込)。なお、Amazon.co.jpでは、初回セールとして200台限定で15%分のポイント還元が実施される。

▼ 「Anker 535 Portable Power Station」 を購入する
Anker Japan公式サイト
Amazon.co.jp
楽天市場

(画像:アンカー・ジャパン)

Anker、Soundcore、Eufy、Nebulaは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。