Anker、ケーブル/端子内蔵のモバイルバッテリー 「621 Power Bank」 「335 Power Bank」 発表。2023年6月上旬以降に順次発売

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

4月19日、アンカー・ジャパンはプレス向け発表会 「Anker Power Conference 2023 Spring」 を開催。

同発表会で新型モバイルバッテリー 「Anker 621 Power Bank (Built-In Lightning Connector, 12W)」 と「Anker 335 Power Bank (Built-In USB-C Cable, 22.5W)」 を発表した。2023年6月上旬以降に順次発売する。

「Anker 621 Power Bank (Built-In Lightning Connector, 12W)」 と「Anker 335 Power Bank (Built-In USB-C Cable, 22.5W)」 は、どちらもケーブルや充電端子が一体化されたモバイルバッテリー。ケーブル不要で使用でき、持ち歩く際の荷物を減らせるのが大きな特徴だ。

バッテリー容量は、Anker 621 Power Bankが5,000mAh、Anker 335 Power Bankが20,000mAh。価格はそれぞれ3,990円、7,490円 (どちらも税込) 。

Anker 621 Power Bank (Built-In Lightning Connector, 12W)

「Anker 621 Power Bank (Built-In Lightning Connector, 12W)」 は、Lightning端子を内蔵した超小型モデル。iPhoneの下部に取り付けて使用するタイプのモバイルバッテリーとなっていて、装着しながらのiPhoneの使用も楽々。重量も99gと軽量だ。

バッテリー容量は5,000mAhで、iPhone 14を約1回充電可能。カラーはブラック/ホワイト/パープル/グリーン/ブルー/ピンクの6種類となっている。

販売予定価格は3,990円(税込)。販売開始は2023年6月上旬を予定している。

Anker 335 Power Bank (Built-In USB-C Cable, 22.5W)

 

「Anker 335 Power Bank (Built-In USB-C Cable, 22.5W)」 は、USB Type-Cケーブルを内蔵した大容量モデルで、内蔵ケーブルを利用しての入出力ができる。USB Type-CポートのほかUSB Type-Aポートからの出力も可能で、合計最大出力は24W、単ポートでは最大22.5W出力に対応する。

バッテリー容量は20,000mAhで、スマートフォンなどを約4回充電可能。カラーはブラック/ホワイト/パープル/グリーン/ピンクの5種類となっている。

販売予想価格は7,490円(税込)。販売開始は2023年夏頃を予定している。

(画像提供:アンカー・ジャパン)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Anker、Soundcore、Eufy、Nebulaは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。