Anker、新型USB-Cハブ2種を発表。HDMIポートやSDカードスロットなど拡張可能、4月27日から順次発売

(画像提供:アンカー・ジャパン)

4月13日、アンカー・ジャパンは新製品発表イベント 「Anker Power Conference – ’22 Spring」 をメディア向けに開催。イベント内で、新型USB-Cハブ 「Anker 655 USB-C ハブ (8-in-1)」 「Anker 565 USB-C ハブ (11-in-1)」 を発表した。

「Anker 655 USB-C ハブ (8-in-1)」 は9,990円で4月27日に発売予定、「Anker 565 USB-C ハブ (11-in-1)」 は10,990円で2022年6月下旬に発売予定だ (価格はいずれも税込) 。

▼ Ankerの新製品を各ストアでチェック
Anker Japan公式サイト
Amazon.co.jp
楽天市場

Anker 655 USB-C ハブ (8-in-1)

「Anker 655 USB-C ハブ (8-in-1)」 は、ノートPCなどにUSB-C経由で接続することで、8つのポートを拡張できるUSB-Cハブ。

本体にはT字型のUSB-C端子が搭載されていて、ケーブルを本体に収納できるため、持ち運びの際にノートPC本体を傷つけにくいという特徴がある。本体サイズは約125×55×16mm、重量は約158g。

本体に搭載されているポートは以下。

  • USB-C ×1
  • USB-A ×2
  • SD カードスロット ×1
  • micro SD カードスロット ×1
  • HDMI ポート ×1
  • イーサネットポート ×1
  • オーディオジャック ×1

このうち、HDMIポートは4K出力に対応しており、高画質な映像を出力できる。データ転送速度は最大10Gbpsと高速で、迅速にファイル転送を完了することが可能だ。

「Anker 655 USB-C ハブ (8-in-1)」 の価格は9,990円 (税込) 。発売は4月27日を予定している。

▼ Ankerの新製品を各ストアでチェック
Anker Japan公式サイト
Amazon.co.jp
楽天市場

Anker 565 USB-C ハブ (11-in-1)

「Anker 565 USB-C ハブ (11-in-1)」 は、ノートPCなどにUSB-C経由で接続することで、11個のポートを拡張できるUSB-Cハブ。本体サイズは約137×57×14mm、重量は約138gととてもコンパクトだ。

搭載ポートは以下。

  • USB-C × 2
  • USB-A × 3
  • イーサネットポート × 1
  • オーディオジャック × 1
  • SD カードスロット × 1
  • micro SD カードスロット × 1
  • Displayポート × 1
  • HDMI ポート × 1

先に紹介した 「Anker 655 USB-C ハブ (8-in-1)」 に比べると、USB-CポートとUSB-Aポートが1ポートずつ多くなっているほか、Displayポートが搭載されている。

HDMIポートは4K出力に対応するほか、データ転送速度は最大10Gbpsに対応。また、データ転送やHDMI接続などを利用しながら、接続しているノートPCに最大85Wでの急速充電が可能だ。

「Anker 565 USB-C ハブ (11-in-1)」 の価格は10,990円 (税込) 。発売は6月下旬を予定している。

▼ Ankerの新製品を各ストアでチェック
Anker Japan公式サイト
Amazon.co.jp
楽天市場

Anker、Soundcore、Eufy、Nebulaは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。