Anker、新型ポータブルスピーカー「Soundcore Rave」発表 160Wの大音量でアウトドアも大盛り上がり 小型モデル「Rave mini」 も予告

現在、米ラスベガスで開催中の 「CES 2019」 で、Ankerは2種類の新型ポータブルスピーカー 「Soundcore Rave」 「Soundcore Rave mini」 を発表した。価格は 「Soundcore Rave」 が200ドル、「Soundcore Rave mini」 が150ドル。発売は2019年夏 (米国) を予定している。

新型ポータブルスピーカー 「Soundcore Rave」 「Soundcore Rave mini」

「Soundcore Rave」 および 「Soundcore Rave mini」 は、アウトドアなど屋外で使用することも想定された高品質ポータブルスピーカー。Bluetoothでスマートフォンなどのデバイスと接続することで使用でき、防水性能とダイナミックな音質が特徴となっている。

「Soundcore Rave」 は、最大160Wの大ボリュームの音楽再生が可能な大型ポータブルスピーカー。2インチのデュアルツイーターと2つの5.25インチのウーファーを搭載し、キャンプやバーベキューなど屋外での使用にうってつけ。防水性能はIPX4とやや心もとないような気もするが、バッテリー駆動は最大24時間可能など、パワフルさは十分だ。

Soundcore Rave mini

「Soundcore Rave mini」 は 「Soundcore Rave」 の小型モデルとして登場。最大出力は80W、2インチツイーターが1つ、5.25インチのウーファーを搭載するため、Raveにはパワー・音質で劣るものの、IPX7の高い防水性能を持っているなど勝る部分もある。バッテリー寿命は最大18時間。価格は前述の通り150ドルとなっている。

Soundcore Icon

また、AnkerはSoundcoreブランドで、さらに 「Icon」 と 「Icon mini」 という2種類の新型ポータブルスピーカーも用意している。こちらはIP67の高い防水・防塵性能を持ったスピーカーで、それぞれ12時間と18時間の連続駆動ができるように設計されている。価格は「Icon」 が50ドル、「Icon mini」 が30ドルで、2019年春に発売予定だ。

ちなみに、Ankerはワイヤレス充電器と目覚まし時計機能を併せ持つ 「Soundcore Wakey」 などの新製品の発売を控えている。「Soundcore Wakey」の価格は100ドルで、2019年春に発売予定と告知している。

[ via MacRumors / The Verge ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。