Anker、新充電技術 「GaNPrime」 を発表。100W超の充電に対応した充電器/モバイルバッテリーを次々投入へ

モバイル充電ブランドとして世界No.1の地位を築くAnkerは、次世代の充電技術を今夏から投入し、他社を引き離す。

7月26日、アンカー・ジャパンは都内で一部メディアを対象とした 「新テクノロジー&新製品発表会」 を開催。同イベントのなかで、新充電技術 「GaNPrime」 を発表した。

そして、「GaNPrime」 を採用した製品が8月より順次展開される。発売に先駆けて本日より一部商品は予約販売が開始される。以下、「GaNPrime」 と、各製品の発表をレポートする。

最大240Wのチャージングを実現する次世代充電技術 「GaNPrime」 今夏より展開

(画像提供:アンカー・ジャパン)

「GaNPrime」 は、従来の100Wを上回る出力を実現しながらも、小型化と安全性を追求する次世代のチャージング技術だ。100W超〜240W出力を可能にし、単ポートで240Wという超高速充電も可能だが、各ポートに配分することで2〜3台の複数デバイスで同時に急速充電することも可能だ。

チャージング技術として広く使用されるようになったパワー半導体GaN (窒化ガリウム) を採用する点についてはこれまでと共通なものの、電源ICと回路設計に改良を加えることで高出力化と小型化を安全性を担保する形で両立させている。

(画像提供:アンカー・ジャパン)

具体的には、これまでの電源ICは一体型のものが採用されていたが、これを制御ICとGaNトランジスタ、電源ICにそれぞれ分離配置できるものに置き換えることで、熱源部品を分散配置。さらに立体配置も可能となるため、さらなる小型化も実現している。

また、上記の小型化によって生まれたスペースを有効活用。プリント基盤や電子部品の配置を最適化するAnker独自のPCBA 3Dスタッキングを盛り込むことで、発熱やノイズの発生を抑え、エネルギー効率は業界最高水準の94.1%を実現した。

さらに、接続されたデバイスの種類や数に応じて流す電流量を最適化するAnkerの独自技術 「Power IQ」 も3.0から4.0にアップグレード。これまでは上限100Wとされていたアウトプットを100W超に引き上げる。

「Power IQ 4.0」 には、電源ICが各USB-Cポートで必要な電力を毎秒感知し、供給電力を調整する 「Dynamic Power Distribution」 が新たに搭載される。たとえばスマートフォンとラップトップPCの2台を接続したときに、スマートフォンのバッテリーをある程度まで充電できてきたら徐々に出力を落とし、代わりにラップトップに振り向けることで全体の充電を速く完了することが可能だ。

(画像提供:アンカー・ジャパン)

また、温度管理と出力制御で接続デバイスを保護する 「ActiveShield」 機能も2.0にアップグレードされる。温度上昇の監視回数が従来比2倍となるだけでなく、充電器本体が規定の温度に達した際に、電流/電圧の負荷度合いを調整することで、過度な温度上昇を防ぐことが可能だ。当然ながら、国際的な安全規格であるIEC 62368-1の基準にも準拠し、ケース温度(正常状態)は77℃以下に収まるように設計されている。

なお、アンカー・ジャパンによると 「GaNPrime」 の定義には 「複数ポートへの高出力」 が含まれるため、後述の140W単ポート充電器 「Anker 717 Charger (140W)」 はGaNPrimeには対応しないことになるが、GaNPrimeに使用されている技術・設計が同様に採用されているとのことだ。

「GaNPrime」 は、今年8月より展開される製品に採用される。発表された製品は以下 (価格はいずれも税込) 。一部は、本日より予約受付が開始される。

なお、本日から販売が開始される各製品は数量限定の初回セールが実施されており、ケーブルのみ20%オフ、そのほかの製品は10%オフで提供されている。

▼ GaNPrimeを採用した新製品一覧

※ 「GaNPrime」 対応製品ではないものの、同様の技術を使用した単ポート充電器

▼ GaNPrime採用製品向けのケーブル

735 Charger (GaNPrime 65W)

合計最大出力65Wの3ポート充電器。ポート構成はUSB-Cx2、USB-Ax1。一般的な67W充電器と比較で約55%小型、本体サイズは約66 × 38 × 29mm、重量は約132g。プラグは折りたたみ式。

予約は7月26日(火)に開始され、発売は2022年8月29日(月)を予定。価格は7,990円(税込)。

なお、発売記念セールとして初回2800個まで10%オフで購入可能だ。

出力仕様

合計最大出力65W / 単ポート最大出力65W

1ポート利用時
USB-C1/2
・5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 3A / 15V ⎓ 3A / 20V ⎓ 3.25A (最大65W)
USB-A
・4.5V ⎓ 5A / 5V ⎓ 4.5A / 5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 2A / 12V ⎓ 1.5A (最大22.5W)

2ポート同時利用時
・USB-C1+USB-C2 : 最大65W
・USB-C1 (上部 ) +USB-A : 最大65W
・USB-C2 (下部 ) +USB-A : 最大24W

3ポート同時利用時
合計最大65W

737 Charger (GaNPrime 120W)

合計最大出力120Wの3ポート充電器。ポート構成はUSB-Cx2、USB-Ax1。一般的な96W以上の充電器と比較で約40%小型。本体サイズは約80 × 43 × 32mm、重量は約187g。プラグは折りたたみ式。

予約は7月26日(火)に開始され、発売は2022年8月29日(月)を予定。価格は12,990円(税込)。

なお、発売記念セールとして初回1500個まで10%オフで購入可能だ。

出力仕様

合計最大出力120W / 単ポート最大出力100W

1ポート利用時
USB-C1/2
・5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 3A / 15V ⎓ 3A / 20V ⎓ 5A (最大100W)
USB-A
・4.5V ⎓ 5A / 5V ⎓ 4.5A / 5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 2A / 12V ⎓ 1.5A (最大22.5W)

2ポート同時利用時
・USB-C1+USB-C2 : 最大120W
・USB-C1 (上部 ) +USB-A : 最大120W
・USB-C2 (下部 ) +USB-A : 最大24W

3ポート同時利用時
合計最大120W

747 Charger (GaNPrime 150W)

合計最大出力150Wの4ポート充電器。ポート構成はUSB-Cx3、USB-Ax1で、単ポート使用時の最大出力は100Wで、2ポート以上の使用の際に合計最大150Wとなる。一般的な140Wの充電器と比較で約40%小型。本体サイズは約68 × 61 × 31mm、重量は約232g。プラグは折りたたみ式。

発売は2022年9月中旬を予定。価格は14,990円(税込)。

出力仕様

合計最大出力150W / 単ポート最大出力100W

1ポート利用時
USB-C1/2/3 : 5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 3A / 15V ⎓ 3A / 20V ⎓ 5A (最大100W)
USB-A : 4.5V ⎓ 5A / 5V ⎓ 4.5A / 5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 2A / 12V ⎓ 1.5A (最大22.5W)

2ポート同時利用時
・USB-C1+USB-C2 : 最大150W / USB-C2+USB-C3 : 最大150W
・USB-C1+USB-C3 : 最大150W / USB-C1+USB-A : 最大24W
・USB-C2/3+USB-A : 100W + 22.5W

3ポート同時利用時
・USB-C1+USB-C2+USB-C3 : 最大150W
・USB-C2+(USB-C1+USB-A) : 100W + 24W
・USB-C3+(USB-C1+USB-A) : 100W + 24W
・USB-C2+USB-C3+USB-A : 最大150W

4ポート同時利用時
合計最大150W

733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)

USB充電器とモバイルバッテリーの両方を兼ねるハイブリッド製品。コンセントに挿すことでUSB充電器として使用できるほか、内蔵された10,000mAhのバッテリーを充電しモバイルバッテリーとして使用することが可能。iPhoneを2回程度充電できる。

USB充電器として使用したときは合計最大65W出力が可能、モバイルバッテリーとして使用したときは合計最大30W出力に対応する。本体サイズは約111 × 63 × 31mm、重量は約320g。プラグは折りたたみ式。

予約は7月26日(火)に開始され、発売は2022年8月29日(月)を予定。価格は14,990円(税込)。

なお、発売記念セールとして初回3000個まで10%オフで購入可能だ。

出力仕様

充電器として使用時 : 最大65W出力
USB-C1 : 5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 3A / 12V ⎓ 1.5A / 15V ⎓ 3A / 20V ⎓ 3.25A (最大65W)
USB-C2 : 5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 3A / 15V ⎓ 3A / 20V ⎓ 3.25A (最大65W)
USB-A : 5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 2A / 10V ⎓ 2.25A / 12V ⎓ 1.5A (最大22.5W)
合計最大出力 : 65W

バッテリーとして使用時 : 最大30W出力
USB-C1 / C2 : 5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 3A / 12V ⎓ 1.5A / 15V ⎓ 2A / 20V ⎓ 1.5A (最大30W)
USB-A出力 : 5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 2A / 10V ⎓ 2.25A / 12V ⎓ 1.5A (最大22.5W)
合計最大出力 : 30W (USB-C単ポート使用時 ) / 15W (複数ポート使用時)

727 Charging Station (GaNPrime 100W)

AC差込口を搭載したUSB充電器。ポート構成はUSB-Cx2、USB-Ax2、AC差込口x2。本体サイズは約161 × 79 × 18mm、重量は約400g。充電器全体の合計出力、単ポートともに最大100W。

予約は7月26日(火)に開始され、発売は2022年8月29日(月)を予定。価格は12,990円(税込)。

なお、発売記念セールとして初回400個まで10%オフで購入可能だ。

出力仕様

合計最大出力100W / 単ポート最大出力100W

USB-C1 / C2
・5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 3A / 15V ⎓ 3A / 20V ⎓ 5A (最大100W)
USB-A
・5V ⎓ 3A (USB-A単ポート利用時最大12W / 2ポート使用時最大15W)

複数ポート同時利用時
・USB-C1+USB-C2 : 65W + 30W (最大95W)
・USB-C1 + USB-A : 45W + 15W (最大60W)
・USB-C2 + USB-A : 30W + 15W (最大45W)
・USB-C1 + USB-C2 + USB-A : 45W + 30W + 15W (最大90W)

615 USB Power Strip (GaNPrime 65W)

ケーブル収納可能で持ち運びに最適な5-in-1高機能電源タップ。ポート構成はUSB-C x2、USB-Ax1、AC差込口x2。本体サイズは約119 × 59 × 47mm、重量は約300g。ケーブル長は0.9m。

予約は7月26日(火)に開始され、発売は2022年8月29日(月)を予定。価格は6,990円(税込)。

なお、発売記念セールとして初回700個まで10%オフで購入可能だ。

出力仕様

合計最大出力65W / 単ポート最大出力65W

1ポート利用時
USB-C1/2
・5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 3A / 15V ⎓ 3A / 20V ⎓ 3.25A (最大65W)
USB-A
・5V ⎓ 2.4A (最大12W)

2ポート同時利用時
・USB-C1+USB-C2 : 45W + 18W (最大63W)
・USB-C1 / C2 + USB-A : 45W + 12W (最大57W)

3ポート同時利用時
・USB-C1 + USB-C2 + USB-A : 30W + 20W + 12W (最大62W)

717 Charger (140W)

USB PD 3.1に対応し、最大140W出力が可能なシングルポート充電器で、16インチMacBook Proもフルスピード充電可能。本体サイズは約68 × 59 × 31mm、重量は約235gで、一般的な140W充電器と比べて40%小型化を実現。

発売は2022年9月中旬を予定。価格は9,990円(税込)。

なお、「GaNPrime」 の定義である 「複数ポートへの高出力」 が満たされないため本製品はGaNPrimeには対応しない事になるが、GaNPrimeに使用されている技術・設計は採用されている。

出力仕様

5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 3A / 15V ⎓ 3A / 20V ⎓ 5A / 28V ⎓ 5A (最大140W)

737 Power Bank (PowerCore 24000)

世界初の単ポート140W出力に対応した、超大容量モバイルバッテリー。内蔵するバッテリー容量は24,000mAhでMacBook Airを1回以上充電できる。

USB PD 3.1に対応し、最大140Wの入出力に対応する。ポート構成はUSB-C x2、USB-A x1。ディスプレイを内蔵しており、充電の進捗をモニタリング可能。本体サイズは約156 × 55 × 49mm、重量は約632g。

発売は2022年9月中旬を予定。価格は19,990円(税込)。

出力仕様

USB-C1 / C2 : 5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 3A / 15V ⎓ 3A / 20V ⎓ 5A / 28V ⎓ 5A (最大140W)
USB-A : 5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 2A / 12V ⎓ 1.5A (最大18W)
合計最大140W

767 Portable Power Station (GaNPrime PowerHouse 2048Wh)

災害時やアウトドアなどに活躍する大容量ポータブル電源。バッテリー容量2048Wh、iPhone 13なら約147回充電できるスペックを持つ。バッテリーは約6倍の長寿命を実現するリン酸鉄リチウムイオン電池を採用する。

搭載するポートの構成はAC出力 × 6、USB-C × 3、USB-A × 2、シガーソケット × 2。2022年冬頃に発売を予定しており、価格は未定。予約販売開始時に登録者限定クーポンや詳しい製品情報を受け取れる先行登録が本日より開始されている。

765 高耐久ナイロン USB-C & USB-C ケーブル 0.9m/1.8m (140W)

USB PD 3.1による最大140W出力に対応したUSB-C to Cケーブル。超高耐久ナイロンを使用しているため、約35,000回の折り曲げにも耐えられる。データ転送速度は最大480Mbps。ケーブル長は約0.9mと1.8mの2ラインナップ。

価格は0.9mが3,990円、1.8mが4,190円(税込)。本日7月26日に発売。

※初回セール:2種合計200本限定20%オフ

▼ Amazonで 「Anker 765 高耐久ナイロン USB-C & USB-C ケーブル」 を購入する
0.9m
1.8m

Anker、Soundcore、Eufy、Nebulaは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。