Anker、ロボット掃除機 「Eufy RoboVac 15C Max」 を発売。音声操作が可能に

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

7月30日、Anker Japanは同社の家電ブランド 「Eufy」 から、Amazon Alexaに初対応したロボット掃除機 「Eufy RoboVac 15C Max」 を発売した。

Alexa対応で音声操作が可能になった新型ロボット掃除機

「Eufy RoboVac 15C Max」 は、昨年発売した 「RoboVac」 シリーズのエントリーモデル 「Eufy RoboVac 15C」 のアップグレードモデルにあたる製品。

注目すべき特徴としては、シリーズとして初めてAmazonの 「Alexa」 による音声操作に対応したこと。Amazon Alexaアプリでスキルをインストールして 「EufyHome」 アカウントと連携すると、Amazon EchoなどのAlexa搭載機器に呼びかけるだけで掃除を開始したり、充電ステーションに帰還させることができる。

また、前モデル 「Eufy RoboVac 15C」 と同じ約7.2cmのスリムな本体デザインはそのままに、約1.5倍となる最大2000Paのパワフルな吸引力を実現。床環境にあった最適な掃除を自動で行うEufy独自の 「BoostIQテクノロジー」 も採用されているため、毛足の長いカーペットなどもしっかりと掃除してくれる。最大稼働時間は100分間となっている。

さらに今回のモデルは、一般的な電子レンジと同じくらいの静音性を実現しているのも魅力。夜間や在宅時でも稼働音を気にすることなく掃除することが可能だ。

「Eufy RoboVac 15C Max」 は本日からAmazonで販売が開始されており、価格は22,800円(税込)。

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Anker、Soundcore、Eufy、Nebulaは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。