Ankerの家電ブランド「Eufy」から新型ロボット掃除機 「Eufy RoboVac 15C」 が登場 Wi-Fi接続に対応したエントリーモデル

3月12日、Ankerの家電ブランド 「Eufy」 から新製品 「Eufy RoboVac 15C」 が発売された。通常価格は20,800円(税込)、Amazonから購入が可能だ。

Eufy RoboVac 15C」 はEufyのロボット掃除機 「RoboVac」 シリーズで、初めてWi-Fi機能を搭載したエントリーモデル。これまでは上位モデルのみが同機能に対応していたが、「Eufy RoboVac 15C」 ではそれを手頃な値段で実現した。

Wi-Fi機能を搭載した 「RoboVac」 シリーズは、専用アプリ (iOS / Android) から掃除開始・終了のコントロールやスケジュール設定、掃除モード変更等をスマートフォンから簡単に実行できる。こまめな掃除が必要なペットの毛も、スケジュール設定により定期的にお掃除することが可能だ。

Wi-Fi機能の搭載が最大の特徴だが、忘れてはいけないのがAnkerのモバイルバッテリー技術を使用し、長時間の駆動に対応していることだ。約7.2cmの超薄型設計ながら最大1300Paのパワフルな吸引力のまま、最大100分間の連続稼働に対応。さらに0.6Lの大容量ダスト容器を搭載することで、途中で中身を捨てることなく約100分間の連続稼働時間を活かして部屋中のゴミやほこりを吸引することができる。

またロボット掃除機ということもあり、障害物との衝突を回避するための赤外線センサーや落下を防止するための落下防止機能を搭載。さらに高さ7.2cmまでであれば下に潜り込んで掃除も可能。手の届きにくい場所でも代わりに掃除してくれるのは、自動お掃除ロボットの魅力の一つと言えるだろう。

Eufy RoboVac 15C」 は、本日3月12日から販売が開始されている。通常価格は20,800円(税込)だが、初回300個まで17,800円で購入可能だ。自宅のお掃除ロボットを導入したい方は、ぜひお得に買えるうちに購入してみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。