Ankerのロボット掃除機 「Eufy RoboVac 30C」 販売開始 シリーズで初めてWi-Fi機能を搭載

11月30日、Ankerは自社の家電ブランド 「Eufy」 から、新型ロボット掃除機 「Eufy RoboVac 30C」 を発売した。価格は34,800円(税込)、公式サイトAmazonや一部の家電量販店にて購入することが可能だ。

 「Eufy RoboVac 30C」 は、シリーズで初めてWi-Fi機能を搭載した自動掃除ロボット。従来までは付属のリモコンからのみ操作が可能だったが、今回からは専用アプリ 「Eufy Home」 を利用することで、掃除開始・終了や掃除スケジュールなどの設定をスマホからも操作できるように。

吸引力も従来(最大1300Pa)から最大1500Paに向上。さらにはより強い吸引が必要な場面に自動で吸引力を上げる 「BoostIQテクノロジー」 も進化を遂げており、フローリングやカーペット、畳といったそれぞれの床環境に最も適した吸引力に自動で切り替えることで、より確実にゴミやホコリを吸い取ることができるようになっている。

連続稼働時間は旧モデルと同じ最大100分間。カーペットでの 「BoostIQテクノロジー」 使用時は連続約60分間。また、付属品の境界線テープを利用することで、掃除したいエリアと掃除したくないエリアを調整することもできるように。うまく活用することで 「Eufy RoboVac 30C」 の掃除範囲を限定して、より快適に利用することができるはずだ。

 「Eufy RoboVac 30C」 は以下から購入可能。ちなみに通常価格は34,800円(税込)だが、初回200個に限り5,000円オフの29,800円で購入できる。自動お掃除ロボットの導入やアップグレードを考えていたなら、同製品を購入してみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。