Anker、Eufy初の体組成計 「Eufy Smart Scale P2 Pro」 「Eufy Smart Scale C1」 発売。測定データを各種アプリで管理可能

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

8月30日、アンカー・ジャパンはEufyブランド初の体組成計 「Eufy Smart Scale P2 Pro」 「Eufy Smart Scale C1」 を発売した。

通常販売価格は 「Eufy Smart Scale P2 Pro」 が6,990円、「Eufy Smart Scale C1」 が3,990円 (いずれも税込) 。本日からAnker Japan公式サイトやAmazon.co.jp、楽天市場および一部家電量販店で購入可能だ。

「Eufy Smart Scale P2 Pro」 「Eufy Smart Scale C1」 は、Eufyブランドにとってはじめての体組成計。2機種が投入されるが、それぞれ 「Eufy Smart Scale P2 Pro」 がプレミアムモデル、「Eufy Smart Scale C1」 がエントリーモデルとなっている。

▼ 「Eufy Smart Scale P2 Pro」 を購入する
Anker公式サイト
Amazon.co.jp
楽天市場

▼ 「Eufy Smart Scale C1」 を購入する
Anker公式サイト
Amazon.co.jp
楽天市場

Eufyブランド初の体組成計2機種が発売

「Eufy Smart Scale P2 Pro」 は計測項目の豊富さや、ペットや赤ちゃんの体重も計測できるのが魅力のプレミアムモデル。

体重やBMI、体脂肪率などの基本情報はもちろん、心拍数、筋肉量、骨量、体年齢、皮下脂肪率など16の項目を測定でき、さらにU-Body機能により、計測データに基づいて3Dモデリングされた体型を専用アプリ内で確認することが可能だ。

本製品には専用アプリが用意されており、Wi-FiまたはBluetoothを使用してアプリに接続することで、測定データを自動的にアップロード。アプリ内では体重や脂肪率などの項目をグラフで確認したり、設定目標に対する進捗管理ができる。測定データ登録人数の上限はないので、家族やスポーツチームなど複数人でも使用可能だ。また、専用アプリ内のデータはAppleのヘルスケア、Google Fit、Fitbitなどの健康管理アプリと同期できる。

搭載された高感度センサーおよび表面ガラスには接触を感知するITOコーティングを施しており、どの位置に足を乗せても測定できるだけでなく、赤ちゃんやペットなども最小50g単位で測定できる。

エントリーモデルの 「Eufy Smart Scale C1」 は、Bluetoothによって専用アプリと接続できる。計測できる項目は12種類、体重や体脂肪率、BMI、筋肉量、水分量、基礎代謝量、内臓脂肪、体脂肪量、除脂肪体重、骨量(%)、骨量(kg)、筋肉率。手の届きやすい価格で体重やBMI、体脂肪率などの測定データをアプリで確認したい方にオススメのモデルとなる。登録できるユーザー数は16人。

通常販売価格は 「Eufy Smart Scale P2 Pro」 が6,990円、「Eufy Smart Scale C1」 が3,990円 (いずれも税込) 。本日からAnker Japan公式サイトやAmazon.co.jp、楽天市場および一部家電量販店で購入可能だ。

ちなみに、Amazonでは発売記念セールが実施されており、「Eufy Smart Scale P2 Pro」 は400台限定で20%オフの6,291円、「Eufy Smart Scale C1」 は1,200台限定で20%オフの3,591円で購入可能だ (いずれも税込) 。

▼ 「Eufy Smart Scale P2 Pro」 を購入する
Anker公式サイト
Amazon.co.jp
楽天市場

▼ 「Eufy Smart Scale C1」 を購入する
Anker公式サイト
Amazon.co.jp
楽天市場

(画像提供:アンカー・ジャパン)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Anker、Soundcore、Eufy、Nebulaは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。