Anker、充電器のさらなるコンパクト化を可能にした新技術 「GaN ll」 発表。第1弾として 「Anker Nano ll 45W」 を本日発売

5月25日、アンカー・ジャパンは新製品発表イベント 「Anker Power Conference – ’21 Spring」 をメディア向けに開催。イベント内で、次世代パワー半導体素材 「GaN」 のパワーをさらに引き出す独自技術 「Anker GaN ll」 を発表した。

また、同技術を導入した第一弾製品としてUSB急速充電器 「Anker Nano ll 45W」 を、本日5月25日(火)17時からAnker Japan公式サイトAmazon.co.jp楽天市場および一部家電量販店等にて販売開始した。

独自技術 「Anker GaN ll」 を導入した新型充電器 「Anker Nano ll 45W」 発売

「Anker GaN ll」 は、電源ICと回路設計を再度見直し、GaNのもつ力をさらに引き出すAnkerの独自技術。米国Power Integrations社が提供する最新の電源IC 「InnoSwitchTM4」 や 「InnoSwitchTM3-Pro」 を採用し、スイッチング周波数を高め電子部品を省サイズ化。

さらに高周波化にともなって発生する熱やノイズ (EMI) を内部基板部品の立体配置と回路構造の最適化 (PCBA 3D スタッキング) によって抑えることで、 結果として厳しい安全基準を満たしながらさらなる充電器の小型化に成功した。

今後登場する一部製品に 「Anker GaN ll」 が採用されるが、第1弾として本日より小型USB急速充電器 「Anker Nano ll 45W」 を発売する。

「Anker Nano ll 45W」 は、45W出力に対応したUSB充電器。一般的な45W出力の充電器にくらべて約35%の小型化を実現し、サイズ約35×38×41mm、重さ約68gという超コンパクト&超軽量設計ながら、スマートフォンからノートPC まで幅広い機器を急速充電することができる。折りたたみ式プラグを採用することで携帯性をさらに高めたほか、国際的な安全規格である IEC 62368-1 に準拠する高い安全性も備えたとしている。

左:Anker Nano ll 45W / 右:一般的な45W充電器

最大45W出力が可能なため、スマートフォンからノートPCまでの幅広い機器を、この1台で充電することができる。さらに Programmable Power Supply(PPS)規格にも対応しており、Galaxy S21等のPPS対応スマートフォンへのフルスピード充電も可能。MacBook Air(M1、2020)はわずか2時間20分で満充電できるとのことだ。

「Anker GaN ll」 は、本日よりAmazon.co.jpや楽天市場および一部家電量販店等にて販売が開始されている。価格は3,390円(税込)。以下のリンクから購入が可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。