Anker、新型ワイヤレスイヤホン 「Liberty Neo 2」 「Life P3」 「Liberty 2 Pro (第2世代)」 本日より順次発売。初のハイレゾ伝送対応モデルも

5月25日、アンカー・ジャパンは新製品発表イベント 「Anker Power Conference – ’21 Spring」 をメディア向けに開催。Soundcoreブランドから、新型ワイヤレスイヤホン3種 「Liberty Neo 2」 「Life P3」 「Liberty 2 Pro (第2世代)」 を発表した。本日から順次販売を開始する。

Liberty Neo 2

「Liberty Neo 2」 は低価格を実現したエントリーモデル。4,490円の低価格帯の製品ながら、アプリでのカスタマイズ機能に対応。

イコライザーやイヤホンのボタン操作を簡単にカスタマイズできる。IPX7の高い防水性能をもち、雨の中のランニングなど水濡れの可能性がある環境でも、安心して使用することが可能。対応コーデックはSBC/AACで、Bluetooth 5.2をサポート。価格は4,990円(税込)で、本日5月25日から販売が開始されている。

Life P3

「Life P3」 はミドルクラスのワイヤレスイヤホン。環境に応じて強さが変わるAnker独自のウルトラノイズキャンセリング機能を搭載し、専用アプリでイコライザーやタッチ操作のカスタマイズにも対応。さらに紛失防止機能も搭載する。完全ワイヤレスイヤホン初心者でも安心して使用できるとしている。

対応コーデックはSBC/AACで、Bluetooth 5.0をサポート。価格は9,990円(税込)で、7月中旬頃に発売予定だ。

Liberty 2 Pro (第2世代)

「Liberty 2 Pro (第2世代)」 は、SBC/AACのほかにLDACコーデックをサポートした完全ワイヤレスイヤホン。ハイレゾ音源の伝送に対応した。

Anker独自の同軸音響構造によるドライバーA .C.A.Aにより、高音質を精細に表現するなど音質にこだわったモデルになっている。

防水規格はIPX4、Bluetooth 5.0をサポートする。価格は13,980円(税込)で、2021年7月中旬頃の発売を予定している。

クリックで拡大

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。