Anker、マグネット式ワイヤレス充電対応製品「MagGo」 シリーズ発表。モバイルバッテリーとスマホリングが発売

アンカー・ジャパンは11月25日、マグネット式ワイヤレス充電対応製品「MagGo」 シリーズを発表した。

「MagGo」 シリーズは、iPhone 12とiPhone 13のマグネティック充電機構 「MagSafe」 を活用できるワイヤレス充電製品群として販売される。本日5つの製品の投入が発表されており、当記事ではこのうち2機種について触れる。

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)

「Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)」 は、iPhone 12/13のマグネット式ワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリー。

5,000mAhのバッテリーを内蔵し、iPhone 12シリーズであればiPhone 12 Pro Maxを除き約1回、iPhone 13シリーズに関してはiPhone 13 miniは約1回、それ以外は1回未満充電することが可能。ワイヤレス充電の出力は最大7.5W、ケーブルによる有線充電は最大12W出力に対応する。2台同時充電には対応していない。

本製品には折りたたみスタンドが搭載されており、好きな場所でiPhoneをたてて使用できる。縦置きと横置きの両方に対応しており、好きな角度で置くことが可能だ。

カラーラインナップはグリーン、パープル、ブラック、ブルー、ホワイトの5色。価格は5,990円(税込)。本日より購入可能だ。

Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)

「Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)」 は、iPhone 12/13の内臓マグネットを活用したマグネット式スマホリング。800gまでの荷重に耐えられる強力マグネットを内蔵しており、iPhone 12/13を手に固定して使用できる。

マグネット式なのでスマートフォン本体やケースに跡を残さないほか、好きな時に簡単に取り外せるという魅力を持つ。カラーラインナップはパープル、ブラック、ブルー、ホワイトの4色。価格は2,000円(税込)。本日より購入可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。